2
恋愛 連載中 長編 R15
父王を廃し、即位した青年王アッズーロは、王権の象徴たる王の宝を手にするため、神殿に入る。ところが、神殿の中で王の宝としてアッズーロを待っていたのは、青い髪をしたナーヴェと名乗る者だった。人ではなく、実体のないナーヴェに、アッズーロは肉体を持つよう要求する。初めて肉体を持ち、生活するナーヴェは、豊富な知識と行動力でアッズーロを政治的に支えつつ、食べ物の美味しさや匂いの素晴らしさなど、さまざまなことを経験し、学んでいくが……。人ではないものが、人として生活することで、より深く人を知り、愛を知っていく物語。アッズーロは耳に僅かに掛かる程度の暗褐色の髪、やや日焼けした白い肌、青空のような青い瞳の青年、初出時十八歳。ナーヴェは腰に届く長さの癖のない深い青色の髪、白い肌、瑠璃に似た深い青色の瞳という設定を持つ疑似人格電脳、十代半ばの外見。
24hポイント 0pt
小説 105,194 位 / 105,194件 恋愛 29,589 位 / 29,589件
文字数 364,853 最終更新日 2021.06.04 登録日 2020.12.22
強い見鬼の力を持つ、十七歳の賀茂保憲(かものやすのり)は、陰陽寮の学生、陰陽得業生(おんようとくごうしょう)をしている。十三歳の少年、小丸(こまろ)は、その強過ぎる見鬼の力のため、八歳の時に賀茂邸に預けられたが、二年前、保憲に大怪我をさせて賀茂邸を出奔した過去を持つ。保憲の式神(しきがみ)の白君(しろき)から、保憲が父親の陰陽博士(おんようはかせ)忠行(ただゆき)とともに内裏(だいり)に行ったきり帰らないことを聞かされた小丸は、葛藤を乗り越えて都へ戻る……。史実や実在の人物を物語に織り交ぜつつ、十代の頃の賀茂保憲と安倍晴明、そして彼らを取り巻く人々の非日常的日常を描きます。
24hポイント 0pt
小説 105,194 位 / 105,194件 キャラ文芸 2,624 位 / 2,624件
文字数 327,098 最終更新日 2021.01.27 登録日 2020.12.30
2