那月

那月

腐をこよなく愛する社畜ジェンダーさん
7
BL 完結 長編 R18
人間の姿をした、人間ではないもの。 成長過程で動物から人間に変わってしまう”擬人化種”の白猫青年と、16歳年上のオッサンとのお話。 出会ったのは猫カフェ。白猫従業員としての青年と客としてやってきたオッサン。 次に再会したのは青年が人間として通う大学。オッサンは保健室の先生だった。 青年が金のためにヤバいことをしていて、あるトラブルが起こる。 そこへ見計らったかのようにオッサンが飛び込んで救出したのをきっかけに2人の距離は縮まり…… ※表紙絵は自作。本編は進むにつれてどんどん動物園と化します(笑)
24hポイント 14pt
小説 22,572 位 / 104,758件 BL 4,262 位 / 10,583件
文字数 473,667 最終更新日 2021.01.12 登録日 2019.08.30
BL 完結 短編 R18
新参ヤクザの筆頭はオネェ様!? 最強の組、男ばかりの「Death Bullet」を潰すべく襲来したのは女ばかりの、おニューな「スカーレット・ローズ」。 男対女。銃対刃物。プライド対意地。 「スカーレット・ローズ」を率いるリアはある目的のため、人生と命を懸けて戦う。 男を悩殺する美貌(欠点アリ)と、人間離れした怪力。それから、日本刀を武器に。人数も経験も力も勝る「Death Bullet」に立ち向かう。 この世界への反逆。そして、一途な想い。 リアの目的とは?「Death Bullet」の総長ことノルウェムは、リアがなぜそこまでして勝ち目のない戦いに必死になるのか不思議に思う。 それが、自分が関わっているとも知らず。 ノルウェムは考える。リアのことを。 考えて考えて、次第にいつもリアのことを考えるようになってしまう。どんなに美しくても、相手は男だ。オネェ様だ。 しかしいつものように、力で潰すことができない。 してはいけないとさえ感じる。自分にとってリアは、特別な存在だと感じるノルウェム。 やがて2人は、お互いの過去と今を知る。 決戦の時。2人が出した答えとは……? サイドストーリーとして、中国組のお話が入っています。
24hポイント 0pt
小説 104,758 位 / 104,758件 BL 10,583 位 / 10,583件
文字数 138,612 最終更新日 2020.10.23 登録日 2020.10.08
酒呑童子が酒を飲んでばかりいる鬼なら、惰眠童子は寝てばかりいる鬼だ。 深い深い眠りの中に心を沈めていた惰眠童子は突如として、人間の少女に叩き起こされた。 「あたしの守護神になって、あたしを守って頂戴」 何度も死にかけた。その代わり、家族が代わりに死んだ。 もう身代わりになる人はいない。だから、今度はあたしが死ぬ。 それでもいい。 ただ、高校を卒業するまでの1週間。何が何でも守ってほしい。 惰眠童子はただならぬ雰囲気をまとう少女に仕方なく、とっても嫌々、承諾。 少女を狙う数々の不幸。巻き込まれる惰眠童子。 人為的な不幸。災い。とても、人間が成せるものではない。 人外には人外を 惰眠童子は大昔馴染みを頼り、力を借りる。 やがて少女がなぜ何度も死にかけるのか、なぜ集中的に災いが起こるのかを知る。 その意味を知った時が、少女の終わりと惰眠童子の始まりである。
24hポイント 0pt
小説 104,758 位 / 104,758件 ファンタジー 27,838 位 / 27,838件
文字数 139,111 最終更新日 2020.08.29 登録日 2020.08.07
時は江戸時代幕末。 新選組を目の敵にする、というほどでもないが日頃から敵対する1つの組織があった。 鷹の翼 これは、幕末を戦い抜いた新選組の史実とは全く関係ない鷹の翼との日々。 鷹の翼の日常。日課となっている嫌がらせ、思い出したかのようにやって来る不定期な新選組の奇襲、アホな理由で勃発する喧嘩騒動、町の騒ぎへの介入、それから恋愛事情。 そんな毎日を見届けた、とある少女のお話。 少女が鷹の翼の門扉を、めっちゃ叩いたその日から日常は一変。 新選組の屯所への侵入は失敗。鷹の翼に曲者疑惑。崩れる家族。鷹の翼崩壊の危機。そして―― 複雑な秘密を抱え隠す少女は、鷹の翼で何を見た? なお、本当に史実とは別次元の話なので容姿、性格、年齢、話の流れ等は完全オリジナルなのでそこはご了承ください。 よろしくお願いします。
24hポイント 0pt
小説 104,758 位 / 104,758件 歴史・時代 1,385 位 / 1,385件
文字数 343,420 最終更新日 2020.05.27 登録日 2020.04.18
駿河敦彦(するがあつひこ)18歳は頭を抱え病んでいた。 「なぜ、どうして僕だけにはないんだよ?」 他の人には当たり前にある、あるものが敦彦にはない。 長い爪を立てて押さえる頭、額にあるもの。彼らの種族の象徴ともいえる大事なもの。 角。鬼の角だ。 敦彦も、他の皆も、この世界に存在するヒトの形をした種族は全員が鬼。 人間は絶滅した。 欲に溺れ狂う、他種族に害をなす人間は鬼によって滅ぼされた。 はずだった。 鬼が突然、人間のように欲に溺れ狂ってしまう病気”人化病”にかかると元に戻ることはない。 殺すしかない。 忌み嫌われる人間。そんな、人間のように角のない敦彦は。 幼なじみの女鬼、市之瀬和紗(いちのせかずさ)と父親に背中を押されある決意をする。 和紗が、父上が僕を鬼だと証明してくれる。なら僕は僕なりに生きよう。 和紗が幸せに生きていけるように支え、守ろう、と。 人間の居ない世界で、鬼は人間の復活と戦う。
24hポイント 0pt
小説 104,758 位 / 104,758件 ファンタジー 27,838 位 / 27,838件
文字数 34,804 最終更新日 2020.04.16 登録日 2020.02.07
BL 完結 短編 R18
警察官が殺人現場で出会ったのは返り血を浴びた美しい犬だった。 警察官の藤代柚樹は連続殺人の現場で黒い傘を持った少年と出会う。 少年の手助けがあり犯人逮捕。 しかしすぐに姿を消した少年のことを藤代は忘れることができなかった。 1年後、再び姿を現した少年は言った。 「このかわいそうなワンコを拾ってよ?」 面白そうに笑う少年を家に招き、彼の飼い主になると決めた藤代。 警察の仕事を裏で手伝ってくれる彼に、藤代は違和感を抱いていた。 胸の奥に何とも言えない、熱い想いが宿っているのに気づかず。 やがて、違和感の真相にたどり着いた藤代は……? 表紙は素敵絵師様のリンダさんからいただきました! いつもありがとう! 2020.2.2完結
24hポイント 0pt
小説 104,758 位 / 104,758件 BL 10,583 位 / 10,583件
文字数 81,592 最終更新日 2020.02.02 登録日 2019.10.19
「このバラ、肉厚で美味しい」 花屋を1人で経営するミサキの前に突然現れた男、アソラ。 空腹のあまり行き倒れた彼は普通の食事を拒み、商品の切り花に手を伸ばすと口に運ぶ。 花を主食として生きるアソラは商品を食べてしまった、助けてもらったお礼にとミサキの店を手伝うと申し出る。 植物にまつわる問題を抱えた人と花を主食とする主人公のお話。 来客の心に反応して商品の花が花妖になって襲いかかる。 花妖になってしまった花を救うのが自分の役目だとアソラは言う。 彼は一体何者なのか? 決して自分のことは語ろうとしないアソラと、そんな彼をなんとなく放ってはおけないでいるミサキ。 問題の発生源であるアソラに、巻き込まれっぱなしのミサキは手を伸ばした。
24hポイント 7pt
小説 26,413 位 / 104,758件 ファンタジー 5,174 位 / 27,838件
文字数 60,209 最終更新日 2019.10.24 登録日 2019.09.21
7