人間の居ぬ世界で鬼は笑う

駿河敦彦(するがあつひこ)18歳は頭を抱え病んでいた。

「なぜ、どうして僕だけにはないんだよ?」

他の人には当たり前にある、あるものが敦彦にはない。
長い爪を立てて押さえる頭、額にあるもの。彼らの種族の象徴ともいえる大事なもの。

角。鬼の角だ。

敦彦も、他の皆も、この世界に存在するヒトの形をした種族は全員が鬼。
人間は絶滅した。
欲に溺れ狂う、他種族に害をなす人間は鬼によって滅ぼされた。
はずだった。

鬼が突然、人間のように欲に溺れ狂ってしまう病気”人化病”にかかると元に戻ることはない。
殺すしかない。

忌み嫌われる人間。そんな、人間のように角のない敦彦は。
幼なじみの女鬼、市之瀬和紗(いちのせかずさ)と父親に背中を押されある決意をする。
和紗が、父上が僕を鬼だと証明してくれる。なら僕は僕なりに生きよう。
和紗が幸せに生きていけるように支え、守ろう、と。

人間の居ない世界で、鬼は人間の復活と戦う。

24hポイント 0pt
小説 83,431 位 / 83,431件 ファンタジー 24,255 位 / 24,255件