百篝 くれは

百篝 くれは

ももかがり くれは。2019年よりTL小説を書き始めました。基本的には短編or中編ばかり書いています。全年齢は別名義にて書いています。 ※アイコンはフリーアイコンをお借りしております。
7
恋愛 連載中 短編 R18
【普段は紳士で素敵な婚約者。でも、彼の本性は――サドでした】※ほぼRシーンで構成されています。 子爵令嬢のフィリーネは幼い頃から婚約している侯爵令息アルフレートに恋をしている。 たとえこの気持ちが一方通行でもいいから、この関係が続きますように。そう、願ってきた。 しかし、挙式を一年後に控えた十八歳のある日。フィリーネはアルフレートに「初夜で辛くないように」という名目で閨のレッスンをされることになる。 しかも、アルフレートにはサドな片鱗があって……! 挙式を行うまでは最後までしない。その約束だけを胸に、フィリーネは彼に翻弄されていく――……。 「大丈夫。初夜までは最後までしないから」「僕意外にそんないやらしい顔を見せたら……殺すからね」 ちょっぴりヤンデレ気味の侯爵令息は、愛する婚約者の身体を自分好みに作り変えていきます。 ※ムーンライトノベルズにも掲載中。 ※表紙はフリー素材。
24hポイント 8,008pt
小説 268 位 / 87,580件 恋愛 152 位 / 23,791件
文字数 13,939 最終更新日 2020.11.23 登録日 2020.11.19
恋愛 連載中 短編 R18
【元従者×敗戦国の第三皇女の身分逆転ラブストーリー】※ほぼRシーンで構成されています。 世界で最も美男美女が多いと言われていたラビヨン帝国。しかし、その国の人間はその容姿とは真逆で性格のねじ曲がった人間が多く、他国との関係はいつも最悪だった。 そんなラビヨン帝国は、ある時近隣の国との戦で負けてしまう。国王陛下とその妃たちは処刑されたものの、離宮に閉じ込められていた皇女たちはその美貌から「奴隷」として売られることになってしまい――……。  ♢ ♢ ♢ ラビヨン帝国の元第三皇女シャルリーヌ・ラビヨンは、奴隷としてオークションにかけられた末にとある近隣の国の若き大富豪に落札された。相手の正体も名前も知らされず、馬車に乗せられたシャルリーヌが連れてこられたのは――とんでもない大豪邸。 そして、シャルリーヌの主となる男性は――シャルリーヌの母がクビにした元従者エリクだった。 「シャルリーヌ様が今頼れるのは俺だけですよ」「あぁ、俺の元に堕ちてきた皇女様は何と愛らしいことか」 想いをこじらせすぎた結果壊れてしまった元従者で現大富豪×離宮に閉じ込められてきた元第三皇女様。 一周回って純愛になりそうなラブストーリー。 ※ムーンライトノベルズにも掲載中。 ※表紙はフリー素材。
24hポイント 788pt
小説 1,563 位 / 87,580件 恋愛 789 位 / 23,791件
文字数 6,172 最終更新日 2020.11.22 登録日 2020.11.21
恋愛 連載中 短編 R18
【本編1は全10話程度の短編です】 メラニー・フェルストは二十四歳の元伯爵令嬢。今から七年前に将来を誓い合った婚約者が不慮の事故で死亡したことにより、生きる意味を失い勉学に没頭するようになった。 さらには実家から勘当され森の奥深くに住むようになったメラニーのことを、近隣の住民たちは「願いを叶えてくれる魔女」などと呼んでいた。 それでも平穏な日々を過ごしていたメラニーの元に、元婚約者の弟であるルードルフが訪ねてくる。いきなり何の用なのだろうか? そう思ったメラニーに対して、ルードルフは何でもない風に「媚薬の作成を依頼したい」なんて言ってきて……。 しかも、その媚薬を半ば無理やり飲まされたのはほかでもないメラニーで、そのままルードルフと関係を持ってしまう。 ――元婚約者の弟と関係を持ってしまうなんて、もう終わりだ。 そんなことを思うメラニーを他所に、ルードルフはメラニーのことを「ずっと好きだった」と言って溺愛してきて……。 兄の元婚約者を長年想い続けてきた公爵令息×婚約者を失いすべてがどうでもよくなった森の奥深くに住む魔女の媚薬から始まるラブコメ ※hotランキング最高28位 ※ムーンライトノベルズにも掲載中。 ※表紙はミカスケ様よりお借りしたフリー素材です。
24hポイント 454pt
小説 2,400 位 / 87,580件 恋愛 1,156 位 / 23,791件
文字数 18,040 最終更新日 2020.07.28 登録日 2020.07.25
恋愛 完結 短編 R18
リリー・ドーレスはスペンドラヴ王国に住む子爵令嬢。 ある日、婚約者の家で開かれたパーティーにて公衆の面前で婚約を破棄されてしまう。 理由は覚えのない罪が原因だった。冤罪だとリリーは抗議するも、婚約者は聞いてくれない。絶望に打ちひしがれるリリーの元に現れたのは、若き伯爵であるアルバン・ライシガーだった。 アルバンは言葉巧みにリリーを屋敷に招く。そして……リリーを部屋に監禁した。 それは、リリーにとっての溺愛生活の始まりだった。 婚約破棄された傷心中の令嬢が、狂った若き伯爵に監禁され、その本当の愛に気が付き、両想いになるまでのお話。 *ムーンライトノベルズにも掲載中 *短編を書きたいなぁ、という気持ちから生まれたものですので、特に期待はしないでください。 *一日一話~二話更新。さっくりと三十話までで終わります。
24hポイント 1,746pt
小説 833 位 / 87,580件 恋愛 426 位 / 23,791件
文字数 50,202 最終更新日 2020.03.15 登録日 2020.01.03
恋愛 連載中 長編 R18
*タイトル変更しました【長編化に伴い、作品自体の流れが予定と大幅に変わります】 *ヒーローはかなり情緒不安定です。 ナディア・ゲーネケは男爵令嬢でありながら、アマチュアの暗殺者。義理の両親により、妹たちを人質にされ暗殺業をすることを強いられていた。 そんなナディアがあるとき暗殺することになったのは侯爵令息のドルフ・アイヒマン。彼を暗殺しようとした結果、ナディアは逆に彼に囚われてしまう。 そして、ドルフはナディアにとある契約を持ちかけてきた。それは――。 「キミがオレに一生を捧げる代わりに、キミの願いを一つだけ何でも叶えてあげる」 情緒不安定なヤンデレヒーロー×不幸な暗殺者 *ムーンライトノベルズにも掲載中。
24hポイント 575pt
小説 2,016 位 / 87,580件 恋愛 1,000 位 / 23,791件
文字数 30,208 最終更新日 2020.03.13 登録日 2020.01.21
恋愛 完結 ショートショート R18
【ヴァンパイア公爵シリーズの第2弾。ショートショートバージョン】 伯爵令嬢のエーリカ・シュッツは十八歳の誕生日の日、幼馴染のヴァンパイア公爵、カミル・リッチュルにプロポーズされた。 大好きなカミルと結婚できたことを嬉しく思っていたエーリカだったが、カミルは婚約してからも結婚してからも、エーリカを抱こうとしない。 痺れを切らしたエーリカは、カミルを様々な方法で誘惑しようとする。だが、ある日カミルの実の兄が現れて、二人の関係にひびが入っていく……。 そんな二人の、始まりの一幕。 わがままだけれどヒロインの前では王子様になるヴァンパイア公爵と、一途なヒロインの始まりの日。 *ムーンライトノベルズにも掲載中。
24hポイント 355pt
小説 2,884 位 / 87,580件 恋愛 1,355 位 / 23,791件
文字数 2,732 最終更新日 2020.01.24 登録日 2020.01.24
【8話ぐらいで終わるショートストーリーです】 マリー・ロイヒリンは元伯爵令嬢。三年前にロイヒリン伯爵家が没落した際、両親に借金を押し付けられてしまったという不幸な少女。 幸いにも兄が借金の三分の二を肩代わりしてくれたものの、それでも多額の借金が残っている。どうしたらいいか分からなくなったマリーを助けたのは、若き宮廷魔術師であるリーヴェス・メルケルだった。 リーヴェスの元で弟子として働きだしたマリー。ゆかいな仲間と暮らし、唯一の味方だった兄とも度々会う生活に満足していたマリーだったが、ある日リーヴェスの研究室にて一つの瓶を割ってしまう。 その瓶はなんと「惚れている相手を見るだけで欲情してしまう」という薬が入った瓶らしく……。マリーは。密かに慕っていたリーヴェスに欲情してしまい……。 若き天才宮廷魔術師×没落令嬢の甘々で淫らなショートラブストーリー。 *表紙はフリー素材。 *ムーンライトノベルズにも掲載中。
24hポイント 830pt
小説 1,497 位 / 87,580件 ファンタジー 396 位 / 24,826件
文字数 17,878 最終更新日 2020.01.19 登録日 2020.01.16
7