7
経済・企業 連載中 ショートショート
共産思想は福祉重視であり、資本主義は経済軸が中心とイメージを植え付けられている場合は多い。 しかし、共産主義は決して福祉を重視できる政策とは限らないし、資本主義が弱者に対して救済措置が無いとは限らない。 この部分について筆者の観点から推察していく。
24hポイント 0pt
小説 101,988 位 / 101,988件 経済・企業 168 位 / 168件
文字数 26,170 最終更新日 2021.01.02 登録日 2020.07.29
ファンタジー 連載中 ショートショート
 一人の少年が森の中をひたすら歩いて居た。 顔には汗がにじみ出て居る。 少年には呼び止める声が聞こえた。 紅蘭は都へ向かうため、村を飛び出し半日以上が過ぎて居た。 敦煌を題材とした歴史ファンタジー小説。
24hポイント 0pt
小説 101,988 位 / 101,988件 ファンタジー 27,390 位 / 27,390件
文字数 11,850 最終更新日 2020.09.24 登録日 2020.09.24
SF 連載中 ショートショート
ワシントンDCの街角で緩やかな湾曲設計された巨大スクリーンに淡々とニュース映像が流れていた。 瞬く街のライトと車のヘッドライトに照らされながら行き交う人々の中にこの映像を見ている人はどれ程存在するというのか。 世の中は欺瞞に溢れ、荒廃していた。 その治安部隊の一つの位置づけで結成されたSWAT部隊に位置しない組織、それがPD部隊である。 諌の取り巻く環境で不思議な事件が起きていく。 その先に諌の出生が明らかになっていく。
24hポイント 0pt
小説 101,988 位 / 101,988件 SF 3,016 位 / 3,016件
文字数 4,960 最終更新日 2020.09.21 登録日 2020.09.21
ファンタジー 連載中 ショートショート
時は16世紀頃、マドリード公国では活気に満ち溢れた都市を築いていた。 おっと、解説者訂正・・・ファンタジーなのに現世の話をしてはいけなかった消し消し。 とにかく、王族や貴族を中心とした大都市には数多くの冒険者が集まっている。 ギルドでは依頼を求める冒険者が集結し、時にはパーティーを組んでいる。 その中に颯爽とした勇者様が現れた。 彼の名はクラウス、金髪と爽やかな甘いフェイスは女性を虜にしそうな風貌である。 しかし世の中とはそう上手くはいかないというお話。 主人公が理想の美男RPGキャラだと思って安易に期待を寄せてはいけない。 この物語の趣旨はタイトルそのものという事を忘れてはならない。 とりあえず敢えてしつこく禁句を出せば現世でいう16世紀みたいな感じである。 (ベタでテキトーな世界観だなぁ・・・と初っ端からやる気なさそうなユルイ解説者が呟くのもお約束違反である。) こら、そこっ! 無駄にどーでもいい話を強調するなというツッコミは禁止だ。 何故ならば解説者の存在意義が無くなるではないか。 え?要らない? 申し訳御座いません、お仕事無くなっちゃうので枠だけも確保させて下さい。 ※2020/03/09 「勇者様現る」にて筆者の知識不良が生じていたため部分的に、加筆訂正しています。
24hポイント 0pt
小説 101,988 位 / 101,988件 ファンタジー 27,390 位 / 27,390件
文字数 9,384 最終更新日 2020.03.11 登録日 2020.03.06
大衆娯楽 完結 ショートショート R18
私、梅と申します。 これからお話する事は他人様からは信じはくれない話でございます。 時は昭和50年、高度経済成長のまっさかりでございます。 5年前の事でございました。 家政婦の御奉仕で旦那様の元へ参った時、 即決でお屋敷の住み込みに承諾をして頂けた時の話でございます。 その初夜の事でございます。 ※18禁小説のため、18歳以下の方の閲覧はおやめください。 一部、過激な描写が含まれています。
24hポイント 0pt
小説 101,988 位 / 101,988件 大衆娯楽 3,259 位 / 3,259件
文字数 9,955 最終更新日 2020.03.11 登録日 2020.03.11
経済・企業 完結 ショートショート
日本は戦後から現在に至って米国経済を主軸に発展してきた。 その反面、1985年に起きた日航ジャンボ機墜落事故や福島原発事故といった事態に 政府は米軍の手を借りず、国内で処理を行ってきた経緯がある。 また、ミサイル防衛システムといった巨額投資に対してイージス艦やPAC3の役目は直接、 国民を守るための道具ではない。 更に新興国への投資や災害支援も巨額だ。 こういった事例を初めとする様々な政府の対応に恐らく、半数くらいの国民は政府に 騙されたという感情を持っていても不思議ではない。 実は日本は戦後から米国に対して要請した事例は少ない。 特に戦後処理で食料物資の供給を米側から打診されたものに対しても拒否しており、当時に供給を要請したものは実質的には脱脂粉乳だけである。 この脱脂粉乳の要請自体は日本側が要請したものであり、牛乳を提供しようとした 米政府からは寧ろ奇妙に思われた程だと言われる。 理由は欧米食文化の浸透抑止と国家予算で捻出できなかった為だと言われている。 近年まで、麦より米の方が補助金が圧倒的に有利だったのも米文化保護の観点があると言われている。 では、なぜそういった方向に向かうのか。 その事例を交えて考査していく。
24hポイント 0pt
小説 101,988 位 / 101,988件 経済・企業 168 位 / 168件
文字数 46,243 最終更新日 2020.02.01 登録日 2020.01.21
人類史において、平穏だった実績は残念ながら存在しない。 世界の何処かで必ず戦争が起きている。 その本質は略奪や妨害工作といった基本的な核は2000年以上も前から変わってはいない。 それは生物学的には地球の生態系が弱肉強食のピラミッドで構成されている所以でもある。 本来、自然界の生物学からすれば病、食料不足、共食い、は死によって一定数の個体削減が生まれ、生態系バランスは調整される筈だ。 しかし、人間は高度文明社会により、この自然の理を覆してきた。 世界的な人口増加が見込まれる中で、恐らくは今以上に多種多様の思想が生まれて行くだろう。 それでも恐らくは必然的に互いに協調・共存して行かねばならない。 日本は戦後、奇跡的にも70年余りを直接的な戦争を起こす事無く歩んできた。 同時に水面下では共産主義と資本主義が国内で対立してきた歴史でもある。 この闘争となる核は朝鮮戦争の終結が無い事が起因しているのではないかと筆者は推察している。 今、沖縄は岐路に立っている。それは沖縄独立主張の影には経済的な問題と、政治的な問題が関わっている。 日本の右翼化と叫ばれる一方で、左翼化しているのが現実である。 平和と正義の軸が時代と共に変化する中で、日本はどの様に向かうべきかを筆者の独自視点から考察していく。
24hポイント 0pt
小説 101,988 位 / 101,988件 経済・企業 168 位 / 168件
文字数 28,133 最終更新日 2019.04.05 登録日 2019.04.05
7