レクフル

レクフル

現在連載中の『慟哭の先に』は、前作の『慟哭の時』『黒龍の娘』から派生した物語です。単独でもお読み頂けますが、より世界観を分かりたい場合は、良かったら『慟哭の時』『黒龍の娘』もお読み下さいませ!
4
 とある国に二人の赤子が生まれた。  一人は慈愛の女神の生まれ変わりとされ、一人は復讐の女神の生まれ変わりとされた。  慈愛の女神の生まれ変わりがこの世に生を得た時、必ず復讐の女神の生まれ変わりは生を得る。この二人は対となっているが、決して相容れるものではない。  これは古より語り継がれている伝承であり、慈愛の女神の加護を得た者は絶大なる力を手にするのだと言う。  だが慈愛の女神の生まれ変わりとして生を亨けた娘が、別の赤子と取り換えられてしまった。 大切に育てられる筈の慈愛の女神の生まれ変わりの娘は、母親から虐げられながらも懸命に生きようとしていた。  そんな中、森で出会った迷い人の王子と娘は、互いにそれと知らずに想い合い、数奇な運命を歩んで行くこととなる。  そして、変わりに育てられた赤子は大切に育てられていたが、その暴虐ぶりは日をまして酷くなっていく。  慈愛に満ちた娘と復讐に駆られた娘に翻弄されながら、王子はあの日出会った想い人を探し続ける。  想い合う二人の運命は絡み合うことができるのか。その存在に気づくことができるのか……
24hポイント 476pt
小説 2,253 位 / 87,618件 ファンタジー 585 位 / 24,827件
文字数 12,488 最終更新日 2020.11.26 登録日 2020.11.26
   この世界には五人の英雄がいる。  一人は魔法に長け、この世にある全ての魔法を使いこなすのだという。  一人は武力に長け、一薙ぎで幾千にものぼる魔物をも倒すのだという。  一人は治癒魔法に長け、病気や怪我がどんなに酷い状態の者であっても、元の状態に戻す事ができるのだという。  一人は魔物を従わせる力を持ち、どんなに狂暴な魔物でも懐柔する事ができるのだという。  一人は死した者でさえ甦らせる事ができるのだという。   平和となった時代に『禍の子』は生まれた。  『禍の子』は前世の記憶を持って生まれ、その役目を遂行する為に存在する。それは五人の英雄を滅する事だ。  必ず助けに行くと約束をした。  それを守る為に、『禍の子』は想い人を探す旅をする。  ★この物語は『慟哭の時』『黒龍の娘』に続く物語です。この物語のみでもお分かり頂けるように書いていきます。
24hポイント 49pt
小説 9,898 位 / 87,618件 ファンタジー 2,138 位 / 24,827件
文字数 519,010 最終更新日 2020.11.17 登録日 2020.06.09
 アーテノワ国の北側、ひときわ大きく高い山には心優しい龍が住んでいるのだという。  その姿は誰も見たことがなく、アーテノワ国に住む人々は、この龍を神の様に崇め、奉っていたのだそうだ。  その龍とは、龍の最高ランクに位置付けられる『黒龍』。この黒龍がアーテノワ国を魔物の脅威から守り、人々に安全という安心感を与えていた。まさに神龍として崇め奉られていたのだ。  そのひときわ大きく高い山の頂上付近で暮らす黒龍の親子がいた。父親とその娘は仲良くひっそりと暮らしていたが、ある日父親は動かなくなってしまった。  ひとりになった龍の子はこれからどうしていけば良いか分からずに、父親を殺した魔物を憎み飛び立った。  これはそんな、小さな黒龍の子の物語。
24hポイント 78pt
小説 7,837 位 / 87,618件 ファンタジー 1,747 位 / 24,827件
文字数 411,117 最終更新日 2020.05.30 登録日 2020.02.06
物心ついた時から、母と二人で旅をしていた。 各地を周り、何処に行くでもなく旅をする。 気づいたらそうだったし、何の疑問も持たなくて、ただ私は母と旅を続けていた。 しかし、母には旅をする理由があった。 そんな日々が続いたある日、母がいなくなった。 私は一人になったのだ。 誰にも触れられず、人と関わる事を避けて生きていた私が急に一人になって、どう生きていけばいいのか…… それから母を探す旅を始める。 誰にも求められず、触れられず、忘れ去られていき、それでも生きていく理由等あるのだろうか……? 私にあるのは異常な力だけ。 普通でいられるのなら、こんな力等無くていいのだ。 だから旅をする。 私を必要としてくれる存在であった母を探すために。 私を愛してくれる人を探すために……
24hポイント 78pt
小説 7,837 位 / 87,618件 ファンタジー 1,747 位 / 24,827件
文字数 782,947 最終更新日 2020.02.04 登録日 2019.08.27
4