慈愛と復讐の間

 とある国に二人の赤子が生まれた。

 一人は慈愛の女神の生まれ変わりとされ、一人は復讐の女神の生まれ変わりとされた。

 慈愛の女神の生まれ変わりがこの世に生を得た時、必ず復讐の女神の生まれ変わりは生を得る。この二人は対となっているが、決して相容れるものではない。

 これは古より語り継がれている伝承であり、慈愛の女神の加護を得た者は絶大なる力を手にするのだと言う。

 だが慈愛の女神の生まれ変わりとして生を亨けた娘が、別の赤子と取り換えられてしまった。
大切に育てられる筈の慈愛の女神の生まれ変わりの娘は、母親から虐げられながらも懸命に生きようとしていた。

 そんな中、森で出会った迷い人の王子と娘は、互いにそれと知らずに想い合い、数奇な運命を歩んで行くこととなる。

 そして、変わりに育てられた赤子は大切に育てられていたが、その暴虐ぶりは日をまして酷くなっていく。

 慈愛に満ちた娘と復讐に駆られた娘に翻弄されながら、王子はあの日出会った想い人を探し続ける。

 想い合う二人の運命は絡み合うことができるのか。その存在に気づくことができるのか……

24hポイント 0pt
小説 128,609 位 / 128,609件 ファンタジー 32,692 位 / 32,692件