白乃いちじく

白乃いちじく

恋愛ファンタジーを書くのが好きです。「カクヨム」様と「アルファポリス」様に同時進行で執筆中。使い勝手の良い方でお楽しみください。
6
ファンタジー 連載中 長編 R15
「お姉さんなんだから、我慢しなさい」  そんな母親の一言で、楽しかった誕生会が一転、暗雲に包まれる。  今日12才になる伯爵令嬢のセレスティナには、一つ年下の妹がいる。妹のジーナはとてもかわいい。蜂蜜色の髪に愛らしい顔立ち。何より甘え上手で、両親だけでなく皆から可愛がられる。  どうして自分だけ? セレスティナの心からそんな鬱屈した思いが吹き出した。  どうしていつもいつも、自分だけが我慢しなさいって、そう言われるのか……。お姉さんなんだから……それはまるで呪いの言葉のよう。私と妹のどこが違うの? 年なんか一つしか違わない。私だってジーナと同じお父様とお母様の子供なのに……。叱られるのはいつも自分だけ。お決まりの言葉は「お姉さんなんだから……」  お姉さんなんて、なりたくてなったわけじゃない!  そんな叫びに応えてくれたのは、銀髪の紳士、オルモード公爵様だった。 ***お知らせ*** 妹の名前を変更します。レジーナ → ジーナ (理由:出版社の名前と一緒だったことに今気が付きましたww) ***登場人物初期設定年齢変更のお知らせ*** セレスティナ 11才(変更前)→12才(変更後) シャーロット 12才(変更前)→13才(変更後)
24hポイント 21,094pt
小説 135 位 / 126,096件 ファンタジー 39 位 / 32,393件
文字数 437,628 最終更新日 2021.12.07 登録日 2021.05.12
【第14回恋愛小説大賞受賞作:本編完結済:ただいま書籍化進行中:書籍化する予定の第一章~第二章を非公開にしております、ご了承ください】 「お前ほど醜い女はいないな」  これが新婚初夜でわたくしに言い放った旦那様の言葉です。  どう言葉を返せば良いのやら。まぁ、旦那様はお金のために身売りしたようなものなので、気持ちは分かりますが、新妻にあたりちらすのはどうかと思います。こちらも被害者ですしね。  でしたら、その男優も顔負けの美貌を生かして、金持ちのパトロンでもひっかければ良かったのでは? と思います。愛でお腹は膨れませんよ? 甲斐性なしの朴念仁と心の中で罵っておきます。  とにもかくにも、白い結婚は確定したようなので、離婚を目指して奮闘していたら、何やら私に対する旦那様の態度が変わってきたような? おやあ? 気のせいですよね? *******申し訳ありません、名前を変更します******* ウォル・バークレア →ウォレン・バークレアになります。ニコルとウォルを同時に出すと、何故か両者がごっちゃになるという珍現象が。そこまで似ている名前ではないはずなのですが、ニコルの元気でやんちゃな顔と、ウォルの優しくぽわぽわした顔が時々入れ替わる、うーん……
24hポイント 1,377pt
小説 1,313 位 / 126,096件 恋愛 606 位 / 36,165件
文字数 222,666 最終更新日 2021.05.01 登録日 2020.11.07
恋愛 完結 長編 R15
 愛する夫との間に子供が出来た! そんな幸せの絶頂期に私は死んだ。あっけなく。 その私を哀れんで……いや、違う、よくも一人勝手に死にやがったなと、恨み骨髄の戦女神様の助けを借り、死ぬ思いで(死んでたけど)生まれ変わったのに、最愛の夫から、もう愛してないって言われてしまった。  必死こいて生まれ変わった私、馬鹿?  聖女候補なんかに選ばれて、いそいそと元夫がいる場所まで来たけれど、もういいや……。そう思ったけど、ここにいると、お腹いっぱいご飯が食べられるから、できるだけ長居しよう。そう思って居座っていたら、今度は救世主様に祭り上げられました。知らないよ、もう。 ***第14回恋愛小説大賞にエントリーしております。応援していただけると嬉しいです***
24hポイント 298pt
小説 4,244 位 / 126,096件 恋愛 1,968 位 / 36,165件
文字数 189,836 最終更新日 2021.03.04 登録日 2020.10.16
 今でも変わらず愛している。もう一度会えたらそう伝えよう……。私はそう決意して、竜王様に人間に生まれ変わらせてもらった。白かった髪は黒く染まり、赤い瞳は深みのある紫に……。アシュレイ、あなたに会いたい。愛するあの人にもう一度……。  人として生を受け、産声を上げる。前世では散ってしまった恋心。着ることのなかったウェディングドレス。何もかもが血に染まって消えてしまったけれど、それはもう過去のこと。  今では伝説となったあなたの姿を人は語る。  世界を救った英雄だと。  闇姫の脅威を退けた勇者だと……。  そう言ってあなたを讃えるけれど、私にとってはただの愛しいあなた。今度こそ、今度こそあなたの為にウェディングドレスを身につけたい。愛していると、もう一度言って欲しい。ああ、会いたい、会いたい。あなたに、ただ一目だけでも……。
24hポイント 92pt
小説 8,993 位 / 126,096件 ファンタジー 1,771 位 / 32,393件
文字数 113,022 最終更新日 2020.11.07 登録日 2020.10.09
私が彼に会ったのは、九才の時。雨の降る町中だった。 魔術師の家系に生まれて、魔力を持たない私はいらない子として、家族として扱われたことは一度もない。  ――ね、君、僕の助手になる気ある? 彼はそう言って、私に家と食事を与えてくれた。 この時の私はまだ知らない。 骸骨の姿をしたこの魔術師が、この国の王太子、稀代の魔術師と言われるその人だったとは。 ***各章ごとに話は完結しています。お気軽にどうぞ♪***
24hポイント 355pt
小説 3,649 位 / 126,096件 ファンタジー 723 位 / 32,393件
文字数 338,967 最終更新日 2020.09.30 登録日 2020.08.05
 俺には前世の記憶がある。そんなご大層な記憶じゃない。日本という平和な国で生まれた平凡な男子高生だ。ゲームが好きで勉強が嫌いで、友人と騒ぐのが大好きで、でもってバレンタインなんかはちょっぴり悲しい思いをしたり……。ほんとうにどこにでもいる男子高生だったと思う。  それがある日突然死んでしまい、異世界へと生まれ変わってしまった。ゲームの主人公であるヒロインに……。おい、何でだよ(怒)! そんなわけで恋しても恋しても実らない。あたりまえだっつーの。神様、何か俺に恨みでもあるんですか? ***悪役令嬢テンプレの完全ギャグです。馬鹿王子をぶん殴りたい、ただそれだけの為に書きました() さらっとお読み下さい。さらっと。***
24hポイント 99pt
小説 8,664 位 / 126,096件 恋愛 3,902 位 / 36,165件
文字数 7,571 最終更新日 2020.08.28 登録日 2020.08.28
6