3
恋愛 完結 短編
 聖女として長年国に仕えてきたエミリア。王太子の婚約者で、王太子妃になるのも間近だった。  だが半年ほど前に新しい聖女が現れた。孤児院育ちのエミリアとは違う、由緒正しき生まれで、初代聖女と同じ癒しの力を持つ聖女が。  婚約者を変えたほうがいいのでは――そんな声が聞こえるようになってはいたが、それでも婚約者がエミリアを心の底から大切にしてくれていれば気にしなかっただろう。  だがそうではないことを、エミリアは知っていた。 「エミリアは今日も可愛いね」 「エミリアが聖女で本当によかったよ」  優しい婚約者の言葉。それが嘘だということに気づいていたから。  嘘をつくと黒いもやが見える――それが、エミリアの聖女の力だった。  そしてある日、エミリアは楽しそうに笑い合う婚約者と高貴な聖女の姿を見てしまう。  心の底から楽しそうな、黒いもやがいっさいない婚約者の姿に、エミリアはある決心をした。
24hポイント 2,621pt
小説 648 位 / 100,095件 恋愛 368 位 / 27,937件
文字数 38,609 最終更新日 2021.03.28 登録日 2021.03.03
恋愛 連載中 長編
「お前の顔など、もう見たくもない! 今この場で婚約を破棄させてもらおうか!」  王侯貴族の子息息女が通う学園でそう宣言したのは、第二王子であるレオンだった。そしてその言葉を受けるのは、レオンの婚約者である公爵令嬢アルミラ。  邪魔な髪と言われれば髪を切り、ドレスが似合わないと言われれば着るのをやめ、粛々と命令に従い続けていたアルミラは、この命令にもまた粛々と頷いた。  そして婚約者の最後の命令を聞き届けるため、婚約破棄に乗り出した。
24hポイント 205pt
小説 4,957 位 / 100,095件 恋愛 2,206 位 / 27,937件
文字数 82,128 最終更新日 2021.03.06 登録日 2021.02.09
恋愛 完結 長編
公爵令嬢クラリスは人生を繰り返している。始まりはいつも五歳からで、終わりは十六歳。 婚約者のハロルドに婚約破棄を言い渡されたその場で、意識が途切れる。 毎回毎回ハロルドの横には同じ令嬢がいた。 彼女に取られないように努力したクラリスだが、結果は変わらない。 そうして繰り返すこと六回目。お決まりの婚約破棄の言葉と共に、意識が途切れた。 「なんかもう、いいや」 諦めの境地に達したクラリスは、七回目の人生はハロルドに愛されようと努力するのをやめて好きに生きることにした。
24hポイント 362pt
小説 3,084 位 / 100,095件 恋愛 1,505 位 / 27,937件
文字数 159,416 最終更新日 2020.11.27 登録日 2020.04.09
3