白波ハクア

白波ハクア

マイペースに投稿していきます。どうぞよろしくお願いします。
10
ファンタジー 連載中 長編 R15
 とある真っ黒な会社に入社してしまった無気力主人公は、赤信号をかっ飛ばしてきた車に跳ねられて死亡してしまった。神様によってチート能力満載のエルフとして、剣と魔法の異世界に転生した主人公の願いはただ一つ。「自堕落を極めます」  どこまでもマイペースを貫く主人公と、それに振り回される魔王達の異世界ファンタジーコメディー開幕です。
24hポイント 120pt
小説 5,774 位 / 84,325件 ファンタジー 1,474 位 / 24,490件
文字数 535,677 最終更新日 2020.09.04 登録日 2019.04.20
 家族を惨殺され、裏切りの末に殺された少女、ノア・レイリア。  薄れゆく視界の中、ノアはたった一つの願いを心に思う。  ──殺してやる。  私を利用した全ての奴らを、最も残酷な方法で、確実に殺す。  そして、ノアの生涯は幕を閉じたかに思われた。  次に目を覚ましたノアは、十年前の過去に戻っていた。 「ああ、最っ高。これで殺せる、これで──復讐を果たせる。待っててね、絶対に許さないから」  全てが始まり、全てが終わった場所で、少女は二度目の舞台で復讐を誓う。
24hポイント 21pt
小説 14,275 位 / 84,325件 ファンタジー 3,024 位 / 24,490件
文字数 108,173 最終更新日 2020.06.09 登録日 2020.03.27
恋愛 連載中 長編 R15
 交通事故で両親を失い、引き取られた親戚からは邪魔者扱いを受け、とある事件をきっかけに心を閉ざした少女、六条梓。高校生になって一人暮らしを始めた梓に仕送りはなく、アルバイトだけでは到底暮らしていけないと思った彼女は、自暴自棄になって体を売って稼ごうと夜の街を出歩く。  そして気が付けば、見知らぬ女性と裸で眠っていた。朝比奈玲香と名乗った彼女は超大手企業の女社長で、レズっ気のある変態で──── 「怪しい男にその体を売るくらいなら、私が貴女の全てを買うわ」 「…………は?」  誰かを信じることが出来なくなった梓と、そんな彼女をこよなく愛しようと距離を詰める玲香。普通ではない二人の同居生活が始まる。
24hポイント 14pt
小説 16,776 位 / 84,325件 恋愛 6,839 位 / 22,458件
文字数 32,925 最終更新日 2020.05.14 登録日 2020.05.05
恋愛 連載中 長編
 愛すべき民に裏切られ、命を落とした王女。  それから数百年、元王女は公爵家の長女『ヴィオラ・カステル』として生まれ変わり、二度目の人生を得た。  人に絶望し、狂い、それでも幸せを欲した少女は一人、誓う。 「次は絶対に邪魔されない。次こそは自由を掴み、幸せになってやる」
24hポイント 71pt
小説 7,650 位 / 84,325件 恋愛 3,452 位 / 22,458件
文字数 102,359 最終更新日 2020.03.10 登録日 2019.11.16
 人と魔族が全ての大陸を巻き込んで争っていた時代。  世界の命運を賭けた死闘に破れた魔王グラムヴァーダは、花が咲いたように赤く染まる床の中心で激しく血を吐きながら、それでも楽しそうに笑っていた。  どうせ助からない。虚しく消えゆくだけの命……だが、このまま大人しく消滅する魔王ではない。足掻くのならば最後までみっともなく足掻いてやる。そう意気込んだ魔王は、長年研究し続けていた究極の魔法『輪廻転生』を発動させ──未来に渡ることを選択した。  残り僅かだった魔力を使い果たした彼は一人、誰にも看取られることなくその生涯を終え、次に目を覚ましたのは淡いピンク色の豪華なベッドの上だった。  状況を理解出来ずに困惑する彼が全身鏡で見たものは、難しい顔で顎に手を置く白髪紅目の可愛らしい少女── 「なぜだぁああああああああ!?」  これは【公爵令嬢】に転生してしまった【魔王】が、様々な問題に巻き込まれながらも、恋と平和と、より良い幸せを手に入れようと奮闘する。──そんな少女の物語。
24hポイント 14pt
小説 16,776 位 / 84,325件 ファンタジー 3,584 位 / 24,490件
文字数 213,198 最終更新日 2019.12.03 登録日 2019.08.27
ファンタジー 連載中 長編 R15
 南條鏡は死んだ。母親には捨てられ、父親からは虐待を受け、誰の助けも受けられずに呆気なく死んだ。  ──欲しかった。幸せな家庭、元気な体、お金、食料、力、何もかもが欲しかった。  鏡は死ぬ直前にそれを望み、脳内に謎の声が響いた。 【異界渡りを開始します】  何の因果か二度目の人生を手に入れた鏡は、意外とすぐに順応してしまう。  次こそは己の幸せを掴むため、己のスキルを駆使して剣と魔法の異世界を放浪する。そんな少女の物語。
24hポイント 49pt
小説 9,268 位 / 84,325件 ファンタジー 2,123 位 / 24,490件
文字数 177,016 最終更新日 2019.11.30 登録日 2019.05.01
 その世界はたった一柱の創造神『ララティエル』によって創られた。 【錬金術を語り継げなさい。さすればこの世界は、永久に発展し続けるでしょう】  原初の民にそう言い残し、創造神ララティエルは世界を創った疲れを癒すため、深い眠りについた。  それから数千年後──まだ眠いと寝返りを打ったララティエルは、うっかり体を滑らせて下界へと落ちてしまう。  何度帰ろうとしても、天界に回路が繋がらない。  部下と連絡を取ろうとしても、誰とも連絡がつかない。  というか最高神である創造神ララティエルが落ちたのに、誰も迎えに来ない。  帰りたいのに帰れない?  よろしい、ならばスローライフだ。  潔く諦めたララティエルは、創造神という地位を隠し、ただの村娘『ティア』として下界で静かに暮らすことを決意する。  しかし、ティアが創った世界では、彼女も予想していなかった問題が生じていた。 「魔物って何! なんで魔族敵対しているの! どうして錬金術師滅んでるのぉおおおおおおおお!?」  世界を放って寝ていたら、知らない生物が誕生していた。世界が栄えるために必要な種族が、全種族から敵視されていた。あれほど広めろと言った錬金の技術が、完全に廃れていた。 「いいよもう! だったら私自ら錬金術を広めてやる!」  冒険者ギルド専属の錬金術師として働くララティエルの元には、召使いとして召喚した悪魔公、町で仲良くなったハーフエルフ、王国の姫、勇者パーティーの元メンバー、様々な仲間が集うようになっていた。更には魔王まで訪ねて来て!? 「え、待って。私のスローライフは何処……?」  ──これはうっかり者の創造神が、田舎でスローライフを堪能しながら、人類が必要ないと切り捨てた錬金術の素晴らしさを世界に広めていく物語である。
24hポイント 42pt
小説 9,983 位 / 84,325件 ファンタジー 2,254 位 / 24,490件
文字数 127,324 最終更新日 2019.08.23 登録日 2019.07.13
 辺境の村で平和に過ごしていた村娘、セリア・アレースは、15歳の誕生日に全種族から恐れられる『魔眼』の後継者となってしまった。  本人の意志と関係なく人の敵となってしまったセリアは、忠誠心の高い従者二人と共に世界に立ち向か………わずに迷宮でダラダラと引きこもり生活を満喫する。  それを邪魔するように迷宮へと侵入してくる冒険者や王国の騎士団連中。ついでになぜか魔王もやって来て、今日も迷宮内は大忙し。 「私の平穏ライフはどこじゃい!」  文句を言いながら働くセリアに、希望に満ちた未来はあるのか……!
24hポイント 0pt
小説 84,325 位 / 84,325件 ファンタジー 24,490 位 / 24,490件
文字数 156,285 最終更新日 2019.06.22 登録日 2019.06.01
 少しだけ、ほんの少しだけ変わった『よろず屋』が、王国の裏路地にひっそりと佇んでいた。  そこはどこか抜けている元最強の暗黒騎士の店主と、無駄に賢すぎるスライムが経営する店だった。  何でも願いを叶えてくれるという冒険者達の噂を聞きつけ、様々な客がその店を訪れる。 「いらっしゃいませ。今日はどのような依頼ですか?」  一人でも困っている人が減るようにと、たった二人の従業員(片方魔物)は、今日もお客様の来店を待つ。
24hポイント 7pt
小説 20,019 位 / 84,325件 ファンタジー 4,643 位 / 24,490件
文字数 77,384 最終更新日 2019.06.08 登録日 2019.04.22
「みおね、みおはぁ、おねぇちゃんのこと……だいしゅき!」  妹、ミオが3歳の誕生日の時に言った言葉。その言葉だけでミア・ヴィストは救われた。  ──彼女が幸せなら、姉である自分も幸せ。  ──彼女が苦しんでいるのなら、姉として助けてあげよう。  まだ10歳だったミアは、天使のような笑顔を向けてくる妹にそう誓った。  しかし、ミアはすぐにエルフの里を旅立つことになる。ある時、己に潜む強大な力が暴走し何よりも大切な妹を傷付けてしまったのだ。このままでは自分が妹を殺してしまうと悟り。姉妹は別々の道を歩むことになる。  それから百年の時が経ち、ミアは世界最強の『英雄』となっていた。  任務の帰り道も遠く離れた地に居るであろう妹のことを思い浮かべるミア。そろそろ妹の温もりが恋しくなって来た。そう思っていた時、ミオから手紙が届いた。それはミアがホームにしている『シュバリエ王国』の学校に入学するので、近々王国に向かうとの内容で──── 「三年ほど休暇を貰うわ」  妹の行く『王立トルバラード学園』に入学することを決めたミアは、『英雄』としての責務をいとも容易く放棄した。  今更何も学ぶことがないミアが、どうして入学することを決意したのか? 「妹が居る。それだけで入学する意味はあるでしょう?」  極度のシスコンを発症している英雄様は、ついでに妹に集る羽虫や害虫を払いながら正体を隠して妹との学園生活を謳歌する。 「はぁーーーー可愛い。うちの子めっっちゃくちゃ可愛い。何なの? 私を殺しに来ているの? ああ、もうだめ。天使。私の妹まじ天使!」
24hポイント 7pt
小説 20,029 位 / 84,325件 ファンタジー 4,628 位 / 24,490件
文字数 105,711 最終更新日 2019.05.13 登録日 2019.04.22
10