きぼうダイアリー  ~三つ目看板猫の平凡で優雅な日常~

 とある個人経営の小さな喫茶店。
 そこには、額に目のような傷がついた黒猫がいた。
 名前はソルテ。自由気ままに毎日を生きる元気な男の子。

 彼の日常はひどく平凡。
 しかし、彼を取り巻く人間達は違う様子。

 ある日、「昔の思い人」が自分に当てた暗号のようなメッセージを持った少女が来客する。彼女との奇妙な縁により、平凡だったソルテの日常が、ほんの少し、変わっていく。

 他にも、いつまでも深い絆で繋がれている老夫婦や、少女の友人達の恋模様。いろいろな人間達がソルテの周りで生活し、一喜一憂に心を動かしていく。

 喫茶店の看板猫からの視点で描かれる、十人十色の群像劇。
 ささやかで、けれども大切で、少しほろっとするような、日常ハートフルストーリーがいま、始まります。

※小説家になろうにて全話先行公開中!
 応援よろしくお願いいたします!
24hポイント 0pt
小説 60,487 位 / 60,487件 恋愛 14,668 位 / 14,668件