貴石奇譚

朝の来ない、明けない夜の国――極夜国――
霧に閉ざされた夜の国に住むのは、石人と呼ばれる妖精たち。
月の光を糧に生きる彼らは、左右どちらかの瞳に宝石を宿して生まれてくる。
彼らは探す。石に導かれ、魂の片割れ、すべてを捧げるべき存在――半身――を。

これは業深き石人たちと、彼らに関わる者たちが紡ぐ物語。

※ 章ごとに主人公が変わります。各章が少しずつリンクするDQ4構成。
  黒玉の章→ミオソティス(女主人公) 王道少女小説風
  蒸着水晶の章→ヘルメス(男主人公) ボーイミーツガールの冒険譚
  藍玉の章→マーレ(男主人公) 童話ベースの少々メリバ風
  変彩金緑石の章→ミラビリス(女主人公) 微SF
  前日譚→ファートゥム(男主人公) バッドエンド
  百花の章→マレフィキウム(男主人公) 導かれし者たち

※ ★印のついているお話にはイラストがあります。必要ない方は挿絵機能をOFFにしてください。
※ 全5章+前日譚。百花の章で本編は完結。
※ 参考文献 アンデルセン/矢崎源九郎訳(1967) 『人魚の姫 アンデルセン童話集Ⅰ』 新潮社
※ 「MAGNET MACROLINK」「小説家になろう」にも掲載しています
※ 第2回「マグネット!」小説コンテスト銀賞受賞(権利は返却されています)
24hポイント 7pt
小説 19,892 位 / 74,331件 ファンタジー 4,687 位 / 21,747件