素敵なものは全て妹が奪っていった。婚約者にも見捨てられた姉は、「ふざけないで!」と叫び、家族を捨てた。

「お姉様、また新しいアクセサリーを貰ったのね。ずるいわ。私にちょうだい」

「ダメよ。これは婚約者のロブに貰ったものなの。あげられないわ」

「なんて意地悪なの! ロブだって私に使って貰った方が喜ぶわよ。早くちょうだい」

 ダメだと重ねていったが、アクセサリーは妹のエミリーにひったくられてしまった。

「ふふ。綺麗。ねぇ、素敵でしょう」

 そしてエミリーは戦利品を首にかけ、じっとりとした目でこちらを見てくる。
 婚約者からもらったものだ。できることなら取り返したいが、エミリーが金切り声をあげて両親に訴えれば両親はエミリーの味方をするだろう。

「ロザリー、あなたは姉なのだから、妹に譲ってあげなさい、と」

 それでも取り返すべきかと躊躇したが、お披露目して満足したのかエミリーはパタパタと足音をたてて去って行った。
 プレゼントされたばかりのアクセサリーを次のデートにつけていかなければ、またロブの機嫌が悪くなるだろう。
 困ったものだ。
 どうせエミリーにとられてしまうのだから、プレゼントなどくれなければいいのに。
 幼なじみのロブは、エミリーが姉のものならなんでも欲しがることを知っている。それでも折々に洒落た小物をプレゼントしてくれた。「僕がプレゼントをしたいだけだから」と。
 エミリーにとられる前に、二人でプレゼントを眺め、そっと笑い合う。婚約したばかりの頃は、そんな穏やかな空気が二人の間に流れていた。
 だが近頃は、妹にやられっぱなしのロザリーをふがいなく思っているのか、贈られたプレゼントをロザリーがデートにつけていかないと、小さなため息を吐くようになっていた。

「ロザリー、君の事情はわかるけど、もう成人するんだ。いい加減、自立したらどうだ。結婚してからも同じようにエミリーに与え続けるつもりかい」

婚約者にも責められ、次第にロザリーは追い詰められていく。

そんなロザリーの生活は、呆気なく崩れ去る。

エミリーの婚約者の家が没落した。それに伴い婚約はなくなり、ロザリーの婚約者はエミリーのものになった。

「ふざけないで!」

全てを妹に奪われたロザリーは、今度は全てを捨てる事にした。
24hポイント 22,088pt
小説 132 位 / 124,381件 恋愛 79 位 / 37,063件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

【完結】悪役令嬢とは何をすればいいのでしょうか?

恋愛 / 完結 24h.ポイント:7944pt お気に入り:247

竜皇帝陛下の寵愛~役立たずの治癒師は暗黒竜に今日も餌付けされ中!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:31037pt お気に入り:5992

神の審判でやり直しさせられています。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:53657pt お気に入り:5249

我が家の乗っ取りを企む婚約者とその幼馴染みに鉄槌を下します!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:31624pt お気に入り:3874

離縁前提で嫁いだのにいつの間にか旦那様に愛されていました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:77327pt お気に入り:7607

冤罪で離縁された元妻は、復讐のために戻ってきました。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:10694pt お気に入り:1097

妹と婚約者の逢瀬を見てから1週間経ちました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:183477pt お気に入り:8827