天才の天才による天才のための異世界

 高校二年の杯戸 和也《はいど かずや》。
 彼の日常は途端に終わりを告げた。
 行き着いた先は、魔法文明が発達した異世界。
 彼がそこで手に入れたのは、見たものを分析する力。
 彼は、持ち前の頭脳と能力で仲間と一緒に異世界を生き抜いていく――


*小説家になろうで連載されていた自分の初ファンタジー作品です。「虐め」の方がなかなか書ける時間が出来そうにないので、こちらの方を投稿します。
何分拙い文章ですが、よろしくお願いいたします。
24hポイント 7pt
小説 17,401 位 / 60,694件 ファンタジー 4,650 位 / 19,436件