異世界恋愛短編集 〜婚約破棄〜

婚約破棄を題材にした物語をまとめました。
シリアスからほのぼのまで取り揃えております。
全て一話完結、ハッピーエンド。
ビター&メリバな物語はタイトルに★を付けています。
お楽しみください。
24h.ポイント 0pt
600
小説 187,488 位 / 187,488件 恋愛 56,783 位 / 56,783件

あなたにおすすめの小説

乙女ゲームの悪役令嬢だったので、悪役になる覚悟ですが、王子様の溺愛が世界を破滅させてしまいそうです

葵川真衣
恋愛
公爵令嬢シャロンは王宮で婚約者の王子と過ごしていて、突如前世の記憶を思い出してしまう。 前世プレイしていた乙女ゲームの令嬢に転生している。しかも悪役だ。 初恋相手の婚約者には今後、無惨に婚約破棄される。 ショックで突っ伏したシャロンだが、ハッピーエンドを目指して国外追放され、平穏に暮らそうと決心。 他ルートなら暗殺される。世界滅亡の危機もある。国外追放は生きている……! 武闘派悪役令嬢シャロンは日々励む! しかしゲームに登場しない人物が現れたり、いろいろ様子がおかしい……!? シャロンは世界を救い、ゲームのハッピーエンドを無事迎えることができるのか……!? 将来に備えがんばる悪役令嬢と、そんな令嬢を溺愛する腹黒王子の甘々ラブコメディ。

婚約破棄ですか? 正体不明の超絶加護で報復しますよ

アソビのココロ
恋愛
伯爵令嬢ベイリーは、八歳の時に『オシリペンペン』という神の加護を得た。神の加護は数千人に一人しか得られない貴重なものだ。しかし『オシリペンペン』の加護の詳細は不明で、どんな効果があるのか誰も知らなかった。役にも立たぬ加護だとバカにされ、ついにはとある令嬢に嫌がらせたをしたと婚約者である公爵令息に告発され、婚約破棄されてしまう。その場へ第一王子ライアン殿下が颯爽と登場、ベイリーに心を解放しろと告げたのだった。

上擦る声と、心臓。

文月アリオ
BL
触れた肌から、体温が爛れるようだった。吐息が耳朶をくすぐり、胸を焦がす。 ―…放課後、桜井みつきは美術教師の黄瀬立夏に穢される。痛みを伴い、生まれる熱は行き場を失くし、燻ったのだった。

瀬野の短編集「婚約破棄」

瀬野凜花
恋愛
異世界恋愛、特に「婚約破棄」系の作品の短編集です。 ガイドラインの改訂により、これまで投稿していた2作品をまとめることにしました。 旧作の方は、来月の上旬までには勝手ながら非公開とさせていただきます。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 『婚約解消と運命の女神』 「婚約を解消してくれないか、ヘレネ」  ヘレネに運命の女神はほほえむ。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 『花束の贈り主』 毎年誕生日になると、私の家には花束が送られてくる。 贈り主の名前はきっと婚約者のユージーンだろう。 しかし、「婚約を破棄する」と言われてしまって……。 小説家になろう様では一作品ずつ投稿しています。

大きくなったら結婚しようと誓った幼馴染が幸せな家庭を築いていた

黒うさぎ
恋愛
「おおきくなったら、ぼくとけっこんしよう!」 幼い頃にした彼との約束。私は彼に相応しい強く、優しい女性になるために己を鍛え磨きぬいた。そして十六年たったある日。私は約束を果たそうと彼の家を訪れた。だが家の中から姿を現したのは、幼女とその母親らしき女性、そして優しく微笑む彼だった。 小説家になろう、カクヨム、ノベルアップ+にも投稿しています。

異世界でお月見していただけなのに~《うちの子》推し会~

ゆきのうさぎ
BL
「月が綺麗だったので」というのは意味のない言い訳で、本当はここ数日のささくれた気持ちを持て余し、気持ちの整理と気分転換の為、森の隠れ家のツリーハウスで1人で月見をしていただけなのに「今夜は月が綺麗だね」という言葉と共にオレは揺れる自分の足を見上げている。  ………何故こうなった!? アルファポリス様の「《うちの子》推し会・お月見」企画に参加したくて書いていたのですが、時間が無くてツイッターに上げられないので、とりあえずこちらに投稿だけさせて頂きました。 企画に乗っかりついでにエロを書きたかっただけなので細かい設定等は省いています。 溺愛、甘々エッチをお楽しみいただければ幸いです。 時間がなくてチェックが出来ていませんので、おおらかな御心でお読みください。

せっかくの婚約ですが、王太子様には想い人がいらっしゃるそうなので身を引きます。

木山楽斗
恋愛
侯爵家の令嬢であるリルティアは、王太子である第一王子と婚約をしていた。 しかしある時、彼がある令嬢と浮気している現場を目撃してしまった。 リルティアが第一王子を問い詰めると、彼は煮え切らない言葉を返してきた。 彼は浮気している令嬢を断ち切ることも、妾として割り切ることもできないというのだ。 それ所か第一王子は、リルティアに対して怒りを向けてきた。そんな彼にリルティアは、呆れることしかできなかった。 それからどうするべきか考えていたリルティアは、第二王子であるイルドラと顔を合わせることになった。 ひょんなことから悩みを見抜かれたリルティアは、彼に事情を話すことになる。すると新たな事実を知ることになったのである。 第一王子は、リルティアが知る令嬢以外とも関係を持っていたのだ。 彼はリルティアが思っていた以上に、浮気性な人間だったのである。 そんな第一王子のことを、リルティアは切り捨てることに決めた。彼との婚約を破棄して、あらたなる道を進むことを、彼女は選んだのである。

やっぱり批判を受け付けないと表現の幅が広がらないな……

月澄狸
エッセイ・ノンフィクション
批判するのは好きだけどされるのは苦手。こんなアピールを続けていたら、誰も何も指摘してくれなくなるかも。いけないとは思っているけれど「批判バシバシください!!」と言う勇気はなかなか……。