お守りマンはきっとすぐそこにいます

何でだか人気がある先輩とデートとして、大好きになって。
誰にも知られなくても、すごくうれしい大切な時間だった。
会社では内緒、それは当たり前。
だって話をしたくなる友達もいなかった。

柴田操 やっと二年目のOL。

ひっそりと大人しい自分だけど、楽しい時はあります。
ありました。

ただ、それが長く続かなかっただけ。
元々それほど彼には大切な時間じゃなかったみたい。

食堂で聞いた噂に打ちのめされて。
慰めてくれたのが唯一の同期だった。
新しい友達が出来たことを喜ぼう。

少しだけ男性不審になりかける。
私に声をかけてくるかっこいい人なんて、絶対いないから。

そんな私が出会ったのは会社のあるビルの警備をする人だった。

少しづつ、友達だったその人が当たり前の大切な存在になりました。

ちょっとだけ臆病になった操の恋愛の話です。

24hポイント 0pt
小説 83,842 位 / 83,842件 恋愛 22,396 位 / 22,396件