人でなしの手懐け方

国に捨てられ敵国の捕虜になった青年ノア。彼は幼い頃から軍人として、武器として扱われ育てられてきた。誰よりも早く戦場を駆ける彼を人々は死神と恐れ、近寄ろうともしない。

処刑前夜、牢獄の中で襲われそうになるノアを助けたのは敵国の狂犬ことセオ・アーノルドだった。セオはノアを使用人として引き取りあろう事か幸せにしてみせると宣言。
「俺の傍に仕えるなら一生可愛がってやる」「荒手の嫌がらせですか」
人として生きてこなかったノアの第二の人生は狂犬辺境伯のお世話係!?
24hポイント 7pt
小説 34,377 位 / 139,958件 BL 7,187 位 / 15,820件