使用人の私を虐めていた子爵家の人々は、私が公爵家の隠し子だと知って怖がっているようです。

使用人のアルシアは、仕えている子爵家の人々から虐められていた。
辛い毎日だったが、祖父母の代から続く借金があるため、彼女はそんな生活を続けるしかなかった。

ある日、彼女の元にエルード・ラーファンが訪ねて来きた。
公爵家の人間である彼は、アルシアに衝撃の事実を告げてくる。アルシアは、公爵家の隠し子だったのだ。

公爵家の人間が、子爵家で働き続ける必要はない。
そのため、アルシアは子爵家から出て行くことになった。
そんな彼女に対して、子爵家の人々は態度を一変させていた。彼らは、自分達より上の地位になったアルシアからの報復を恐れているようだ。
24hポイント 22,806pt
小説 125 位 / 101,043件 恋愛 90 位 / 27,648件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

とある令嬢の逆転劇〜お覚悟はよろしくて?〜

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:31929pt お気に入り:1455

小さなパン屋の恋物語

ライト文芸 / 連載中 24h.ポイント:16546pt お気に入り:123

あなた達は誰ですか?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:301708pt お気に入り:12875

今の幸せを捨て新たな幸せを求めた先にあったもの

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:191175pt お気に入り:8281

二人の妻に愛されていたはずだった

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:237432pt お気に入り:5497

大自然の魔法師アシュト、廃れた領地でスローライフ

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:29592pt お気に入り:22166

妹の方がいいと婚約破棄を受けた私は、辺境伯と婚約しました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:45107pt お気に入り:5862