アドルフの微笑

 高校1年生の神楽颯人は目つきがとても鋭く、髪が白いため小さい頃から「狼」「白狼」「アドルフ」などと恐れられていた。
 梅雨の日の夜。颯人は趣味で育てている花の様子を見ていると、人気のあるクラスメイトの美少女・月原咲夜と会う。すると、咲夜は、

 「あたしのニセの恋人になってくれませんか?」

 颯人にそんなお願いを言ってきたのだ。咲夜は2年生の先輩からラブレターをもらったが、告白を断りたいのだという。
 颯人は咲夜のニセの恋人になることは断るが、クラスメイトとして先輩からのラブレターについて解決するまで側にいると約束する。このことをきっかけに、それまで話したことがなかった咲夜の関係や颯人の高校生活が変化し始めていく。
 時には苦く、鋭く、シニカルに。そして、確かな温かさと甘みのある学園ラブストーリー。
 ※「微笑」は「ほほえみ」と読みます。
 ※完結しました!(2020.8.17)
24hポイント 7pt
小説 26,746 位 / 124,626件 恋愛 11,180 位 / 37,159件