ドルメンの館

  『その館に入ったものは決して名前を知られてはならない』

 肝試しに入った廃墟で友達とはぐれた秋野仁緒(あきのにお)。助けを求め森を走り民家を探すもやっと見つけたその家は何かがおかしい。家主も使用人も全て不気味。
  
気がついた時には遅くは悪魔と契約をしてしまう。

少し痛い表現があります。苦手な方はご遠慮下さい。

夜の暇つぶしにどうぞ。

完結しました。
□□□

不定期更新です。

修正しながら書きます。ご迷惑をおかけしますがすみません。
24hポイント 0pt
小説 140,525 位 / 140,525件 BL 15,885 位 / 15,885件