勇者を討伐した魔王様は魔力を封じられた為に解雇される。

 死闘の末に、勇者を打ち取った魔王──クレアナード。
 しかし彼女に、勝利の余韻に浸る暇はなかった。

「お前の”最強”は、俺が墓場に持っていく……!」

 死に際の勇者の悪あがきにより、最強魔王はその最強たる魔力を失うことになってしまう。
 さらに、魔王たる彼女に追いうちをかけるように。

「最強ではなくなった貴女に、魔王たる資格はない」

 №2だった魔族に魔王の座を追われ、しかも魔王城から追放される羽目に。
 魔族のために戦っていたというのに・・・このあまりな仕打ち。
 魔族は実力主義社会というのは重々承知していたが……
 頂点からどん底に叩き落された彼女は、もう全てがどうでもよくなっていた。

「それならそれで、気楽な冒険者にでもなろう……」

 落ちぶれた魔王様の、自由きままな冒険ライフがいま始まる──


 ※ ※ ※

『小説家になろう』にて本編を書いています。
 なのでこちらは、時間がある時にのんびり更新していきます。
24hポイント 7pt
小説 17,398 位 / 53,337件 ファンタジー 4,867 位 / 17,507件