森を抜けたらそこは異世界でした

双子の天才科学者、十樹と桂樹は僅か10歳にして国の精鋭が集まる幾何学大学に入学を果たす。しかし、入学したその数か月後に妹である亜樹を交通事故で失くし、逃亡した犯人に復讐を誓った。
――そして10年後、亜樹を甦らせるべく、二人は大学の陰謀に立ち向かう。
笑いあり涙ありの長編近未来ファンタジー。
24hポイント 0pt
小説 77,511 位 / 77,511件 ファンタジー 22,365 位 / 22,365件