オタクな俺がポンコツ美少女JKを助けたら、お互いの家を行き来するような仲になりました

ぼっちで陰キャな高校生作家の島崎治は、一人ファミレスで食事をしていた。その帰り、困り果てた様子の美少女に出会った。心配した島崎が声をかけると、彼女は財布を忘れてしまったようでその場で泣き出しそうな顔になる。奢るつもりで彼女の分まで支払うとその後、家に帰ればお金はあるからと言って、美少女の家まで連れていかれる。部屋まで案内された島崎は、彼女と話をするうちに、気づけばデートすることになり――優れた才能を持ちながらも、恋愛に関してポンコツな二人は周囲をやきもちさせながら少しずつ距離を縮めていく。
24hポイント 113pt
小説 6,490 位 / 84,791件 青春 66 位 / 3,682件
1 / 4

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

俺、妹を買う:檻から始まる国づくり

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:106pt お気に入り:785

殿下、あなたが捨てた女が本物の聖女です

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:16260pt お気に入り:7709

君を好きになるなんて絶対にありえない!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:120pt お気に入り:105

魅了が解けた世界では

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:42308pt お気に入り:11030

悪役令嬢の弟は辺境地でのんびり暮らしたい。

BL / 連載中 24h.ポイント:28308pt お気に入り:1803