ツイン・ボーカル

 芸能事務所の雇われ社長を務める八波龍介は、かつての仲間から伝説のボーカル、レイの再来というべき逸材を見つけたと報告を受ける。しかしその逸材との顔合わせが実現することなく、その仲間は急逝した。ほんとうに伝説の声の持ち主はいたのか。仲間が残したノートパソコンの中にそれらしき音源を見つけた八波は、その声を求めてオーディション番組を利用することを思い立つ。
 これは奇蹟の声を追い求める者たちの物語。
24hポイント 99pt
小説 10,282 位 / 149,066件 現代文学 89 位 / 6,585件