俺が侯爵家の婿殿になった理由~お嬢様を泣かせておいて自称貴公子を名乗るのは辞めてください!

執事喫茶で執事として働く蒼真理人はある日おかしな光に吸い込まれる。
そして気づくと知らない場所にいた。
偶然にも男に襲われかけている少女を救った事により勘違いが始まる。
執事のお仕事はお嬢様を笑顔に!をモットーな理人はお嬢様を幸福にするべく奔走した後に侯爵家に婿養子として望まれてしまう。
互いに愛を育み婚約発表をして三か月後。

「俺はそいつの夫だ!愛人風情が!」

最愛のお嬢様であり妻の夫と名乗る野蛮な男が現れるのだった。

本人は貴公子を名乗るのだった。
24hポイント 518pt
小説 2,750 位 / 148,282件 恋愛 1,359 位 / 46,708件