降りしきる黄金の雫は

樹木医でもある造園業に従事する、影島芳樹(かげしまよしき)は、大家から花を咲かせない金木犀の木を譲り受ける。
その木は江戸時代に中国から渡って来た金木犀の一部だった。
金木犀を世話する芳樹に人の姿を取った金木犀の精が現れる。

重複投稿
24hポイント 0pt
小説 73,699 位 / 73,699件 BL 6,669 位 / 6,669件