金髪巨乳妹の胸の谷間に手を突っ込むことで地球を救う話

「お兄ちゃん、地球外生命体が攻めてきたよ」

いきなりそう告げたクーナは、見た目かとっても可愛らしいが奇行癖のある高校一年生。
兄である鉄次はうんざりしながらも、物音から泥棒を心配し、促されるままにリビングに足を向けた。
すると、おかしなことに――言語を解するタコと遭遇するのだった。

その日を境に。
鉄次の平穏な日常はおかしな方向へと流れていき。
困ったブラコン妹は更に奇行癖をこじらせていくのだった。
24hポイント 85pt
小説 5,484 位 / 58,699件 青春 83 位 / 2,990件