風の街エレジー

「立ち昇る内臓に似た匂いまでもが愛おしく思えた」

かつて嫌悪の坩堝と呼ばれた風の街、『赤江』。
差別と貧困に苦しみながらも前だけを見つめる藤代友穂と、彼女を愛する伊澄銀一。
そして彼ら二人を取り巻く、誰にも言えぬ秘密と苦難を抱えた若者たちの戦いの記録である。
この街で起きた殺人事件を発端に、銀一達とヤクザ、果てはこの国の裏側で暗躍する地下組織までもが入り乱れた、血塗れの物語が幕を開ける…。


シリーズ『風街燐景』 2
24hポイント 85pt
小説 5,544 位 / 57,341件 ミステリー 68 位 / 1,480件