メイコとアンコ

日常には苛々することや、もやもやすることがいっぱいある。
けれど、そんな話を会社の同僚や彼氏にしても、「で、オチは?」とか「いっつも文句ばっかりだよね」と言われるのが目に見えている。

でも愚痴が言いたいわけじゃない。
様々な物事を見て聞いて、様々に思考したいだけ。
だから今日も二人で居酒屋に行き、言いたいことを言いまくる。
相手は何でもさばさば物を言うメイコ。
様々に物事を思考したいアンコにとっては、時に同意し、時に指摘してくれる唯一の友人だった。

だけどメイコが突然目の前に現れたのには理由があった。
しばらく姿を現さなかった、理由も。

そしてメイコとアンコの秘密が少しずつ明かされていく。

※無断転載・複写はお断りいたします。
24hポイント 0pt
小説 83,717 位 / 83,717件 ライト文芸 3,685 位 / 3,685件