ひとひらの雪片をともに融かして

北陸の小さな会社の事務員をしている大野紬(おおのつむぎ)。季節は冬。お正月休みも済み、のんびりと仕事を始めていたところ、取引先の何度も顔を負わせたことがあるメンテナンス企業の人が訪れた。
一緒に現れたのは、他県から研修としてやってきた伊倉櫂李(いくらかいり)。
背の高い彼の髪に付いた雪が解け、雫が流れる。その様子を見た紬は挨拶の言葉も忘れ釘付けに。
寒い冬に始まった緩やかな恋。

アルファポリス、小説家になろう、pixivで同時公開しています。
24hポイント 21pt
小説 13,706 位 / 64,382件 恋愛 4,735 位 / 16,229件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

R18、アブナイ異世界ライフ

恋愛 / 完結 24h.ポイント:1157pt お気に入り:4695

強引な男はお断りです!

恋愛 / 完結 24h.ポイント:14pt お気に入り:79

例えば……こんな

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:1158pt お気に入り:60

虜囚の恋

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:6492pt お気に入り:729

空手バックパッカー放浪記

ライト文芸 / 完結 24h.ポイント:28pt お気に入り:4

私の彼は、空飛ぶカエルに乗っている

恋愛 / 完結 24h.ポイント:63pt お気に入り:459