ねえ、センセ。―粘着系年下男子の憂鬱

理由なんて何もなかった。
「センセ」
少し甘えるような君の声に縛られたまま。
気づいたら、夕焼け色の教室でキスをしていた。

でも始まりかけていた恋を終わらせたのは、私、片桐 杏。
だって君は、教育実習先の高校生ーー。

そして。
先生になった私の前に、君は、生徒から教育実習生になって現れた。
意地悪で甘い悪戯ばかり仕掛けてくる君の心はどこにあるの?


教育実習生の杏が出会った男子高校生の蒼。
確かに恋になったはずなのに、あることがきっかけで2人は道を違えることに。
でもそれから4年ーー。
先生になっていた杏の前に、今度は教育実習生として蒼が現れて。
でも揺れる杏の心を踏みにじるように、1人の男性教師が杏に標的を定めてーー。

かつて叶わなかった恋を今度こそ叶えるために。
もう二度と見失わないために。
先生×生徒から始まる恋の物語。
24hポイント 7pt
小説 25,490 位 / 99,884件 恋愛 10,526 位 / 27,866件