聖女様、闇ギルドへようこそ!

KK
「なんで、私だけ募集がかからないんですかああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっぁあああああああああああああああアアアアアアアアアアアアッ!」
 一日に魔法が二回しか使えず、就職先の決まらない落ちこぼれ聖女、メイ。
 そんな彼女を受け入れたのは――汚れ仕事や荒くれ仕事を生業とする闇ギルド、《漆黒の森(アイゼン・ヴァルト)》だった。
「おねえちゃん、だれ?」
 しかも、そのギルドでメイに与えられた仕事は、メンバーの一人の子供――リサの子守り。
「リサに何かあったら、ソッコー消しクズにする」
 その上、そのリサのお父さんは凄いコワイ人で、中々に闇(ブラック)な職場。
 だが、彼女は持ち前の技能を活かし、リサに懐かれ、闇ギルドの男達から認められていく事になる。
 そして、リサの父親とも……。
「俺は不死鳥(フェニックス)だ」
 これは闇ギルドを舞台にした、〝不死鳥〟と〝聖女〟の物語。
24hポイント 7pt
小説 20,986 位 / 83,757件 恋愛 8,642 位 / 22,286件