【完結】 婚約破棄間近の婚約者が、記憶をなくしました

 その日、砂漠の国マレから留学に来ていた第13皇女バステトは、とうとうやらかしてしまった。
 婚約者である王子ルークが好意を寄せているという子爵令嬢を、池に突き落とそうとしたのだ。
 しかし、池には彼女をかばった王子が落ちることになってしまい、更に王子は、頭に怪我を負ってしまった。
 ――そして、ケイリッヒ王国の第一王子にして王太子、国民に絶大な人気を誇る、朱金の髪と浅葱色の瞳を持つ美貌の王子ルークは、あろうことか記憶喪失になってしまったのである。(第一部)
 ケイリッヒで王子ルークに甘やかされながら平穏な学生生活を送るバステト。
 しかし、祖国マレではクーデターが起こり、バステトの周囲には争乱の嵐が吹き荒れようとしていた。
 今、為すべき事は何か?バステトは、ルークは、それぞれの想いを胸に、嵐に立ち向かう!(第二部)
全33話+番外編です
 小説家になろうで600ブックマーク、総合評価5000ptほどいただいた作品です。
拍子挿絵を描いてくださったのは、ゆゆの様です。 挿絵の拡大は、第8話にあります。
https://www.pixiv.net/users/30628019
https://skima.jp/profile?id=90999
24hポイント 262pt
小説 5,388 位 / 120,660件 恋愛 2,418 位 / 35,487件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約者を想うのをやめました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:233498pt お気に入り:9218

私が死んで満足ですか?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:170578pt お気に入り:9988

婚約者殿、勘違いも程々にして下さいませ

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:6442pt お気に入り:53