ファンタジー イギリス小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ イギリス×
4
 試験雇用中の冒険者パーティー【ブレイブソード】のリーダーに呼び出されたウィルは、クビを宣言されてしまう。その理由は同じ三ヶ月の試験雇用を受けていたコナーを雇うと決めたからだった。  ウィルは冒険者になって一年と一ヶ月、対してコナーは冒険者になって一ヶ月のド新人である。納得の出来ないウィルはコナーと一対一の決闘を申し込む。  その後、なんやかんやとあって、ウィルはシェフィールドの町を出て、実家の農家を継ぐ為に乗り合い馬車に乗ることになった。道中、魔物と遭遇するも、なんやかんやとあって、無事に生まれ故郷のサークス村に到着した。  無事に到着した村で農家として、再出発しようと考えるウィルの前に、両親は半年前にウィル宛てに届いた一通の手紙を渡してきた。  手紙内容は数年前にウィルが落とし物を探すのを手伝った、お爺さんが亡くなったことを知らせるものだった。そして、そのお爺さんの遺言でウィルに渡したい物があるから屋敷があるアポンタインの町に来て欲しいというものだった。  屋敷に到着したウィルだったが、彼はそこでお爺さんがS級冒険者だったことを知らされる。そんな驚く彼の前に、伝説級最強アイテムが次々と並べられていく。 【聖龍剣・死喰】【邪龍剣・命喰】【無限収納袋】【透明マント】【神速ブーツ】【賢者の壺】【神眼の指輪】  だが、ウィルはもう冒険者を辞めるつもりでいた。そんな彼の前に、お爺さんの孫娘であり、S級冒険者であるアシュリーが現れ、遺産の相続を放棄するように要求してきた。
24hポイント 28pt
小説 14,383 位 / 96,364件 ファンタジー 2,811 位 / 26,120件
文字数 493,261 最終更新日 2020.11.14 登録日 2020.08.28
光を求めて歩き続ける全てのひとへ。 イギリス人の父と日本人の母の間に生まれた「俺」は、幼少期に生き別れた母を探しに来日を決意する。 ロシア人の血を引く恋人のヨリコをはじめ、東京で出会った様々なひととの交流から変化が訪れる。 心にぽっかりと穴が空いたひとたちが寄り添い、大切な何かを取り戻していく物語。
24hポイント 0pt
小説 96,364 位 / 96,364件 ファンタジー 26,120 位 / 26,120件
文字数 35,750 最終更新日 2020.04.28 登録日 2020.02.27
 時は1910年イギリス。大英帝国祭繁栄期のこの時代、イギリス陸軍に所属する少女、リーナ・オルブライトもまた、時代の波にもまれながらもたくましく生きていた。  そんな彼女は、とある任務中に魔法使いを名乗る15歳の少年“ハル”と出会う。彼と行動を共にすることになったリーナが誘われたのは、彼女が渇望してやまない魔法の世界だった。  地下に広がる妖精の町。  裏世界に生きる魔術師たち。  禁忌とされる悪魔の儀式。  魔法とは何なのか、ハルがイギリスにいる目的は、魔術師とは、魔法使いとは、悪魔とは――魔法使いハルとの出会いは、リーナが知らなかった世界の裏側を明らかにしていく。  消えゆく神秘の世界を綴る《正統派・魔法冒険譚》ここに誕生! ——君の世界は灰色か?  その世界は、君が見るより美しい——
24hポイント 0pt
小説 96,364 位 / 96,364件 ファンタジー 26,120 位 / 26,120件
文字数 229,243 最終更新日 2020.01.01 登録日 2019.12.08
舞台は19世紀イギリスロンドン 19世紀に始まった市民警察が前身であるロンドン警視庁、 通称スコットランドヤード ロンドン警視庁がスコットランドヤードと呼ばれる由縁は 1829年に創設された首都警察の初代庁舎が、ホワイトホール・プレイス4番地 ロンドン、ウエストミンスター地区のグレート・スコットランド・ヤード通りとホワイトホール通り、ホワイトホール・プレイス通りに囲まれた場所に建てられたことからスコットランドヤード呼ぶ。 日本警視庁が『桜田門』と呼ぶ様なものだ。 そんなスコットランドヤードに勤める若き青年、スヴェン,アントセン巡査は半年前に警察官になったばかり。 軍服に似た警察官の制服はまるでイギリスでは正義の証の『青』 ブロンズのボタンと革のベルト、そしてロングブーツ プラチナブロンドの長い髪を一つにポニーテールで結んでいて銀の縁のメガネをかけている。 腰にはサーベルを差してはいるが巡査という一番低い身分。 殺人事件などの凶悪な事件は管轄外な訳で主に交通整理や簡単なパトロール、サーベルを抜いて戦うなんてことはしなかった。 スヴェンは13歳の時に家族や一緒に住んでいた召し使いたちを何者かに皆殺しにされたあげく住んでいた屋敷を燃やされた。 残ったのはいつも母がいつも肌身離さずつけていた金のロケット 煤けたロケットにはセピア色の両親と幼い頃のスヴェンの写真。 父親の胴体から自分の体半分は燃えてしまっていたがのこされた唯一の家族写真。 犯人はいまだに見つからず、スヴェン自身もそのときのショックで記憶が欠落しておりそのときの事が思い出せない。 あの日、皆殺しのあの日のことを唯一覚えていることは あの日はスヴェンの13歳の誕生日だったこと、父親に手を引かれ燃える廊下を走り、追ってから逃げていたこと。 そして、鍵盤を目の前すれば勝手に自分の指はワンフレーズしかない短い曲を奏で繰り返しなぞる。 この曲があの日、燃えあがる屋敷で聞こえていたこと。 しかしこの曲が何の曲か、どこの曲なのかもわからない。 そんなある日、携わった事件のパトロールで出くわした同じ顔を持つ男。 その男との出会いで記憶が徐々に甦り、燃えたはずのセピア写真が頭の中で元に戻っていく‥‥ 19世紀ロンドンを舞台にしたダークファンタジー小説です。
24hポイント 0pt
小説 96,364 位 / 96,364件 ファンタジー 26,120 位 / 26,120件
文字数 94,900 最終更新日 2018.03.15 登録日 2018.01.06
4