恋愛 じれじれ×拗らせ×溺愛小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ じれじれ×拗らせ×溺愛×
5
1
恋愛 完結 長編 R15
※2020/09/09 登場した日葵の弟の誠真のお話アップしました。 「副社長には内緒」の莉乃と香織の子供たちのお話です。長谷川日葵と清水壮一は生まれたときから一緒。当たり前のように大切な存在として大きくなるが、お互いが高校生になったころから、二人の関係は複雑に。決められたから一緒にいるのか?そんな疑問を持ち始めた壮一は、日葵にはなにも告げずにアメリカへと留学をする。何も言わずにいなくなった壮一に、日葵は傷つく。そして7年後。大人になった2人は同じ会社で再会するが……。 ずっと一緒だったからこそ、迷い、悩み、自分の気持ちを見失っていく二人。 「副社長には内緒」を読んで頂かなくても、まったく問題はありませんが読んで頂いた後の方が、より楽しんで頂けるかもしれません。
24hポイント 42pt
小説 15,004 位 / 121,016件 恋愛 6,675 位 / 35,685件
文字数 79,907 最終更新日 2021.01.29 登録日 2019.01.18
2
恋愛 連載中 長編 R15
少し(?)変わり者のリラ・シェフィールドは自他共に認めるチョコ好き。できれば断りたい頼まれごとも、たったひとかけら、チョコを添えられて仕舞えば渋々でも引き受けがちで。 嫁き遅れ、と言われる歳ではあるけれど、仕事しているし、いっそ1人でも生きられるし、結婚に夢もないし。家庭の事情もあることでと、ふわふわと生きていたはずが。 無愛想で俺様な、そして超優良物件の騎士団副団長にいつの間にか気に入られ、てしまったということに、なかなか本人は気づかない。 スルースキル(無意識)を極めたリラにモテ期の自覚は…きっと、永遠にないのでしょうね。
24hポイント 28pt
小説 18,589 位 / 121,016件 恋愛 8,045 位 / 35,685件
文字数 143,397 最終更新日 2020.08.02 登録日 2020.05.04
3
恋愛 連載中 長編 R15
貧乏のどん底にいる元・お嬢様だった私の前に、美貌の執事がひざまずく。 現代社会において、執事といえば、二次元かコスプレでしか存在しないもの。そもそも我が家は貧乏の極み。 なんの因果か、私は、その執事が教師をしている学校へ通うことになるのだが、そこで私を待つのは、バリバリのお嬢様がたとの陰湿な嫌がらせ。同性愛にも似た距離感の近すぎる友情。さらには、甘すぎるほどの過保護な教師との攻防だった。閉鎖的な女子校の中で、コミュ障の私がどうやって生き抜いていけばいいのか?!
24hポイント 14pt
小説 24,865 位 / 121,016件 恋愛 10,343 位 / 35,685件
文字数 15,077 最終更新日 2021.04.10 登録日 2021.04.04
4
恋愛 完結 長編 R18
アラサーOLの優樹は、過去のトラウマのせいで恋愛に後ろ向き。 友人に頼み込まれて合コンの幹事を引き受けるけれど、出遅れ感満載。 合コンに飛び入り参加の男友達である友紀との仲を疑われつつも、自虐交じりにありえないと断言。 けれど、彼はみんなの前で「今は友達でも、この先はわからない」なんて思わせぶりな発言。 その後、共通の知人の結婚パーティーで優樹はフルート演奏の余興、友紀はカメラマン役を任されることに。 練習のためにお互い協力し合うことになるが、二人で逢うとやたらと女子扱いをされ、口説き文句スレスレの言葉の数々に意識せずにはいられなくなって… しかし優樹はトラウマの原因となった相手と再会してしまい、自信喪失。 友紀からのアプローチも素直に受け取れなくなってしまう。 今の自分では彼にふさわしくない。けど、過去のことを乗り越えたら、自分から好きだって伝えよう。 そんな想いで演奏に臨んだ優樹を待ち受けていたのは…? R18は35話のみ。 不器用なアラサー男女が障害を乗り越えて結ばれるじれじれロマンス🎄✨ エブリスタより移植。約六万字。 過去作(https://www.alphapolis.co.jp/novel/326777595/790390598)のリメイク。 キャラ名は一緒ですが内容は一新しています。
24hポイント 7pt
小説 29,526 位 / 121,016件 恋愛 12,510 位 / 35,685件
文字数 60,105 最終更新日 2021.06.15 登録日 2021.06.05
5
恋愛 連載中 短編 R15
メーディス帝国へやって来たのは、冒険者の赤髪の魔女マール。 そんな彼女へ着いたそうそう依頼が舞い込んできた。 レベルS級難易度Max、然も時間はない。 余りな依頼で無い限りマールは依頼を遂行する。 そして今回も渋々そのいらいを受けたはいいものの、何やら状況が今一つ可笑しいし納得が出来ない事ばかり。 失敗かと思いきや、どうやらそうでもないらしい。 何と言ってもマールの目の前には魔王ならぬこの世のものと思えぬ美しい男性が、何故か怖いくらいぞっとするような綺麗な笑みを湛えたままマールを自身の婚約者だとのたまう。 一方マールにはその様な記憶はこれっぽっちもない。 平行線上にいる二人はこれから……。 一応短編を目指す心算です。 更新は母の介護と体調によって不定期になる可能性大です。
24hポイント 7pt
小説 29,526 位 / 121,016件 恋愛 12,510 位 / 35,685件
文字数 5,267 最終更新日 2019.11.14 登録日 2019.11.12
5