ライト文芸 LGBTQ+小説一覧

カテゴリ ライト文芸
タグ LGBTQ+×
4
BLなのかもしれませんし、そうでないかもしれません。 沖縄からたまたま東京に来ていた警官・矢上明信(やがみ・あきのぶ)は、悲鳴を聞きつけある女性を助けました、が、彼女は言いました。「私、男です」 あっけにとられる矢上に彼女いや彼は自分も沖縄の人間だと告げ、勤め先であるミックスバーの名刺を渡して立ち去りました。彼女いや彼は金城明生(きんじょう・あきお)という名前なのですが読み方を変えて‘あけみ’と名乗っています。同じ明の字を持つ同郷の矢上を、‘あけみさん’は「ノブさん」と親しく呼びました。 矢上はやがて上京の度に、彼女いや彼こと‘あけみさん’やミックスバーの面々と親しく交流するようになります。矢上自身はやくに妻と死に別れ、孤独を紛らわせる場を探していたのでした。 ところが矢上の中学生の息子が母親の遺品で化粧を始めるようになります。息子は小さな頃から女の子のものを欲しがることが多かったのです。今はなんとか保健室登校をしていますが、「高校へ行きたくない、制服を着たくない」と泣き叫びます。悩んだ矢上は‘あけみさん’に相談すると、彼女いや彼は自分の高校の女子服を譲ってもいいと申し出ます。 そして二人は制服の受け渡しのためデートをすることに。‘あけみさん’が男であることをわかっているのに胸の高鳴りをおぼえる自分に矢上は戸惑いを隠せなくて……。
24hポイント 0pt
小説 140,717 位 / 140,717件 ライト文芸 6,041 位 / 6,041件
文字数 13,258 最終更新日 2022.02.28 登録日 2022.01.21
これは小説家になろうに登校していた作品です 二度と向こうには投稿しないと思うのですが非営利的なサイトであり、性表現に過敏に反応するような面倒なサイトですが、多く認知されたサイトであり、多くの挫折と恥をかいたサイトであった場所です。 あらすじ 無性別者である逢はウリをしていた。無性別者である自身を恨むように、憎むように……。 彼の……或いは彼女の唯一の理解者は玲だけだった。幼い玲だけが痛みを弱さを知り、寄り添っていた。 明るい物語ではありません 暗くジメジメとした人間の内部を描いたつもりです。
24hポイント 0pt
小説 140,717 位 / 140,717件 ライト文芸 6,041 位 / 6,041件
文字数 64,490 最終更新日 2022.05.04 登録日 2022.01.01
渡真利麻依は物憂げな、ごく普通の高校生。数少ない友人と、それなりの学校生活を送っている。しかし、突然の地震から、抱えていた秘密と共に、様々な友人や身内の抱えていた秘密や闇を見ることになる。
24hポイント 0pt
小説 140,717 位 / 140,717件 ライト文芸 6,041 位 / 6,041件
文字数 4,314 最終更新日 2021.10.07 登録日 2021.09.09
蝶名林遊兎は蝶のように自由に生きている。 しかし、ひょんなことで寄生蜂につけ回されるようになった。 女の子っぽい『男の娘』と男性っぽい『男装の麗人』が出会い、ただ『男の娘』がじわじわと侵され喰われていく。 もう二度と羽搏けないようなところまで連れられるのか。 それとも、二人はともに羽搏くための手を打つのだろうか。 何れも、蝶名林遊兎は未だ貪られていくのみだ……。
24hポイント 0pt
小説 140,717 位 / 140,717件 ライト文芸 6,041 位 / 6,041件
文字数 20,672 最終更新日 2021.05.07 登録日 2021.04.09
4