最強チート小説一覧

タグ 最強チート×
5
鏡鏡一(かがみ、きょういち)は凄く醜いし頭も悪い。 そして、派手な事はしないで、ただただ地味な生活を送っていた。 それは、鏡はある事が理由で、正体を隠し逃げていた一族の末裔だからだ。 一族は、人に正体が解れば大変な事になる。 故に長い時間を掛けて、表舞台から消えた一族、その名も【鏡一族】。 その最後の1人が鏡だった。 いつものように静かに教室の片隅で寝ていると、いきなり魔法陣が現れた。 そして、その光が消えると...女神が現れ、どうやら此処にいる全員、異世界に行かないといけない様だ。 折角静かに生活していたのにな、溜息しかでないな。 鏡は結局、面倒な事になるのが嫌なので、全員が貰える【異世界翻訳】と【収納スキル】以外望まないで異世界に行く事にした。 全てを気にしないまま異世界に。 鏡の正体は恐らく6話以内に晒します。 正体を知ると...そこからは面白くない可能性もありますが頑張って書いてみます。 見切り発車なので、短編、中編。長編になるかは解りません。 一部の表現は私の過去の作品から転用しています。
24hポイント 376pt
小説 3,029 位 / 100,326件 ファンタジー 686 位 / 26,946件
文字数 21,525 最終更新日 2021.04.04 登録日 2021.03.29
2
恋愛 連載中 長編
類い希なる戦闘能力を持つ孤児・ティオは、お金とイケメンが大好きな夢見る乙女。 ナイスなイケメン王太子エミールの頼みで、はるばる妖怪退治のために王都へとやってきたのだが、彼は被害妄想の激しいエミールの婚約者やその浮気相手、さらには唆された第二王子にまで嵌められ、廃嫡されてしまう! いらないのならもらっても良いですか?! 超タイプなんです! え? 国? 知りませんよ。魑魅魍魎は自分達で対処してください。 できるんでしょ? 「今まで自分達がしてきた」って証言してたでしょ?
24hポイント 347pt
小説 3,228 位 / 100,326件 恋愛 1,587 位 / 28,050件
文字数 151,637 最終更新日 2020.10.11 登録日 2020.05.08
 突如、勇者として異世界に召喚された『花守 咲人』。  カタコトな日本を喋る自称神様からからチート(余り物)を貰い、あれよあれよという間に.........  ──なぜかヤドカリになっていた!?  普通の高校生    ↓  異世界の勇者    ↓  ヤドカリnew!!←今ここ。  この世の厄災と言われる魔王に拾われ、そんな彼の角に大抜擢されることになった。  その途端、 《リンク致します············リンク完了しました》  という謎の声が頭に響き渡り、咲人と魔王は繋がった。  やがて、咲人は人の姿に戻り、魔王と魔王軍の手助けをしたいと一念発起し、旅を始める。 「ねぇ待って! スキルは奪えるし、時間は止めれるし、事象は反転させられるし、実は俺って強いんじゃね!?」  使い方がわかった最強チートで奴隷を解放しながら、ゆくゆく目指すはハーレムライフ!
24hポイント 0pt
小説 100,326 位 / 100,326件 ファンタジー 26,946 位 / 26,946件
文字数 139,557 最終更新日 2020.05.07 登録日 2019.06.14
4
恋愛 連載中 長編
超名門高校 伊勢魁皇高校 超特進科はテスト至上主義というテストの点数が高い者が権力を得るという独自のルールによってカーストが引かれる超結果主義高校である。 人生の大半を勉強に捧げてきた真戸 黒絵はその学校でのランキングで下位に属しいわゆる落第組というポジションに追いやられ勉強をやめてしまう。 同じ落第組の友達がいるから通っているだけの学校に嫌気がさしていた黒絵だったが同じクラスに自身を武道家だと思い込み来る予定もない異世界転生をひたすら待ち続けながら鍛錬に励む一人の男がいた。 そんな男がなぜこの学校に? 冷静に考える黒絵は一つの答えを導き出した。 もしかしてこの学校の名前.......異世界って入ってるからじゃね? これはそんな武闘家が起こすトラブルに巻き込まれながらもチートアイテムもステータス補正も最強スキルもないのにチート化している彼に次第に惹かれていく黒絵という少女の成長を描いた物語である。
24hポイント 0pt
小説 100,326 位 / 100,326件 恋愛 28,050 位 / 28,050件
文字数 8,584 最終更新日 2019.06.08 登録日 2019.06.07
日本の、小さな企業が発表した、世界を震わすゲーム、VRMMO。 「たった数箇所のバグで命の危険に伴うため、失敗は一回も許されない、正しく運に賭けた開発であった。」 その言葉と同じく、ゲームですら運が伴っていた。 初期能力、初期スキル、初期職業、初期装備、初期レベル............全てがランダムに決定される。 では、そのランダムな決定に対して、最高の運が発動した場合、どうなるのだろうか? その大半がチート級に育ったが、レベルだけは1だった主人公が、繰り広げる物語。
24hポイント 0pt
小説 100,326 位 / 100,326件 ファンタジー 26,946 位 / 26,946件
文字数 20,712 最終更新日 2018.09.27 登録日 2018.04.05
5