九尾の狐小説一覧

タグ 九尾の狐×
4
父上が死んだらしい。 その一報は、彼の忠臣からもたらされた。 魔族を統べる魔王が君臨して、人間が若者を送り出し、魔王を討って勇者になる。 その討たれた魔王の息子が、新たな魔王となり魔族を統べるべく動き出す物語。 いわば、勇者の物語のその後。新たな統治者が統べるまでの物語。 魔王の息子が忠臣と軽い男と重い女と、いわば変な……特徴的な配下を従えるお話。 R-15をつけたのは、後々から問題になることを避けたいだけで、そこまで残酷な描写があるわけではないと思います。 小説家になろう、カクヨムにも同じものを投稿しております。
24hポイント 0pt
小説 96,040 位 / 96,040件 ファンタジー 26,069 位 / 26,069件
文字数 451,555 最終更新日 2020.11.24 登録日 2020.08.13
「ジパングはカタイの東1500マイルに浮かぶ広大な島国だ。莫大な黄金を産出し、王の宮殿は金でできている」 マルコ・ポーロ著 東方見聞録より 西暦1689年日本。徳川泰平の江戸時代。東北を旅した漂泊の俳諧師、その名を松尾芭蕉。 後の世に奥の細道として知られる芭蕉の旅には、ある秘密が隠されていた。 江戸を出発して22日目の那須湯本。不自然な旅が続く。芭蕉は弟子の曾良を問い詰めた。 裏で糸を引いていたのは旧知の徳川光圀。光圀の狙いは奥州に隠された藤原の黄金と呼ばれるものであった。 与太話と一笑に付した芭蕉に那須の殺生石が静かに語りかける。 そして芭蕉は知る。黄金がもたらす力と、呪いを。 アテルイ、安倍貞任、奥州藤原、源義経。 繰り返されてきた奥州の悲劇。その影に存在した呪われし黄金。悲しき歴史に終止符を打つのは人か、鬼か。 これは山々が深き霧に沈む国(ニーベルング)の物語。 事実と虚構が織りなす一大スペクタクルロマン、ここに開幕!
24hポイント 0pt
小説 96,040 位 / 96,040件 歴史・時代 1,071 位 / 1,071件
文字数 33,284 最終更新日 2020.03.19 登録日 2020.01.30
原作 民話『九尾の狐』『那須の殺生石』  お断り《この物語はフィクションであり、実在の人物、団体とは一切合切、関わりありません。何卒、ご了承下さい》
24hポイント 0pt
小説 96,040 位 / 96,040件 キャラ文芸 2,706 位 / 2,706件
文字数 16,830 最終更新日 2020.01.11 登録日 2019.12.20
主人公・柚葉は、今まで普通の中学生だった。しかし、戒曜学園高等部に入学してから、彼女の人生は急激に変わっていく。 *逆ハーレム要素あり。微エロもあります。九尾の狐・猫又と戌神と山犬に護られながら、主人公が闘います。主人公は美少女設定です。
24hポイント 0pt
小説 96,040 位 / 96,040件 ファンタジー 26,069 位 / 26,069件
文字数 13,568 最終更新日 2019.12.20 登録日 2018.03.19
4