年下の彼小説一覧

タグ 年下の彼×
3
1
恋愛 連載中 長編 R18
 彩と智也が付き合い始めて一年。  二人は忙しいながらも時間をやりくりしながら、遠距離恋愛を続けていた。    結婚を意識しつつも、札幌に変えるまでは現状維持と考える智也。  自分の存在が、智也の将来の枷になっているのではと不安になる彩。  順調に見える二人の関係に、少しずつ亀裂が入り始める。  智也は彩の『最後の男』になれるのか。  彩は智也の『最後の女』になれるのか。
24hポイント 1,946pt
小説 644 位 / 57,769件 恋愛 279 位 / 13,799件
文字数 101,993 最終更新日 2019.10.23 登録日 2019.07.12
2
恋愛 連載中 長編 R18
同じ大学の音楽学部で先輩後輩だった『はるか』という同じ音の名を持つ2人の恋の物語。 1つ年下の彼は、いくつかの国際コンクールで入賞するような天才。 片や私は、フリーのヴァイオリ二ストと言えば響きはいいが、プロオケの正団員ではなくエキストラ奏者をしたり、大手の音楽教室で非常勤講師をしたりしてどうにか自分の食い扶持を稼いでいるしがないヴァイオリン弾き。 彼が世界有数の音楽大学への留学が決まった5年前に、私は彼の足枷になりたくなくて身を引いたのだけれど、その別れた筈の彼が5年経った今、突然私の目の前に現れて…。 このお話はJ.S.バッハ作曲の『2つのヴァイオリンの為の協奏曲』という名曲をモチーフにしています。 2つのヴァイオリンが離れることなく連れ添って模倣し合い、重なり合って導き合う。まるで音の織物を編み上げるように美しい音楽を2つのヴァイオリンが紡ぎ上げていきます。 短調なので派手さはありませんが、相手の事を深く思いやるような落ち着いた愛を感じさせる素敵な作品です。 この曲自体が全3楽章からなる作品ですので、各楽章それぞれ2つの視点の計6話で完結する予定です。 *筆者は大昔に楽器を少し齧った程度で、音大卒でもヴァイオリ二ストでもありません。 この物語は、筆者の友人の音高・音大卒のヴァイオリ二ストの子の愚痴を基に思いついた作品ですので、その友人の独断と偏見も多く入っているかと思いますし、筆者の知識不足によるいい加減な描写も多いかと思われます。 そんな適当な描写を不快に思われる方は、ブラウザバックでお願い致します。 *この作品はムーンライト様の方でも掲載しています。
24hポイント 14pt
小説 15,133 位 / 57,769件 恋愛 5,037 位 / 13,799件
文字数 69,308 最終更新日 2018.10.13 登録日 2018.08.04
3
恋愛 連載中 長編
九条玖音、24歳。 まだまだヒヨッコの記者ーーなんだけど、上司による突然の解雇宣言を受けました…。 それを回避するためには大人気高校生俳優であり、インタビュー嫌いの一宮悠月から独占インタビューをもぎ取ること! 可愛い弟の為にも職は失くせない!ということで乗り込みました一宮宅。 そこには「悠久の王子様」と名高い悠月の姿はなく、 「俺様に答えて欲しければ這いつくばってみろよ」 俺様自己中野郎で女の敵、そんな不遜な高校生がーーってあんた誰よ!? あまりの態度の彼についに玖音は怒り、 「…私に触れようなんて十年早いわ。出直してきなさい」 背負い投げをお見舞いし、さらに偉そうなことを言ってその場を立ち去った。 けれど…冷静になった玖音を襲うのは「やっちまった」という後悔だけ。 クビ覚悟で翌日出勤すれば、満面の笑みの上司。 どうやら最後の仕事はまだ終わってないようだ。 豹変系生意気高校生×童顔天然最強ブラコンの女記者が贈るラブコメディ!(予定) ※ご意見・ご感想などお待ちしております。 ※誤字脱字などがあればこっそり教えて頂けると幸いです。
24hポイント 0pt
小説 57,769 位 / 57,769件 恋愛 13,799 位 / 13,799件
文字数 15,825 最終更新日 2019.01.26 登録日 2019.01.20
3