コールセンター小説一覧

タグ コールセンター×
3
 アヤカが小学生の頃から抱えていた「違和感」の正体は性同一性障害による心の病だと診断された。  奇異の目に晒されながら自分の居場所を探し続けていた彼女は、ある騒動がキッカケでLGBT先進国のタイで暮らすことを決意する。 そして、逃げるようにして行き着いた先で見た光景は奔放に生きる「バンコクキッド」たちの姿であった。 彼等との交わりの中で、アヤカは思いもよらない「運命の相手」との出会いを果たす。 トランスジェンダーの揺れる恋心を描いた、もう一つのバンコクキッドが今、幕を開けた! この物語はバンコクキッド1とリンクしながら進行するため、 微妙な違いを楽しみながら読み比べていただきたい。  「バンコクキッド」とは、子供のようにピュアな部分を残す、あるいは大人になりきれない、欲望を抑えきれないといったニュアンスの、日本をドロップアウトしてバンコクで暮らす人々を指した筆者の造語である。
24hポイント 14pt
小説 19,453 位 / 91,333件 恋愛 7,972 位 / 24,696件
文字数 67,032 最終更新日 2019.04.19 登録日 2019.03.01
2
恋愛 連載中 長編 R15
古株のオペレーター社員として働いていた麻倉夕子 27歳。 ある日、一人の男性のお客様の電話注文を受けた夕子は、あまりに心地の良い声を持つ彼に、オペレーターのタブーである「自分の下の名前」を教えてしまう。 声から始まる、彼女の不器用な恋の結末は・・・・?
24hポイント 14pt
小説 19,453 位 / 91,333件 恋愛 7,972 位 / 24,696件
文字数 11,018 最終更新日 2016.09.25 登録日 2016.09.25
 中学生の頃のささいな挫折から、輝ける20代を棒に振った一人のアラサーフリーターが最後の望みをかけて日本を飛び出した。 中卒で語学力ゼロ。 格差社会の底辺で苦悩にあえぐ男が行き着いた先で見た光景は、奔放に生きる「バンコクキッド」たちの姿であった。 そんな彼等との交わりの中で、主人公は思いもよらない「次の扉」を開けることになる。  「バンコクキッド」とは、子供のようにピュアな部分を残す、あるいは大人になりきれない、欲望を抑えきれないといったニュアンスの、日本をドロップアウトしてバンコクで暮らす人々を指した筆者の造語である。
24hポイント 0pt
小説 91,333 位 / 91,333件 恋愛 24,696 位 / 24,696件
文字数 79,092 最終更新日 2019.04.17 登録日 2019.03.01
3