骨董品小説一覧

タグ 骨董品×
1
観光客が多い門前通りの裏側に位置する夢見通り。昼間は閑散として寂しい所だが、そんな場所で骨董店を営む者がいた。 ある日、この店の主人が病気になり、危篤状態となってしまった。 そんな時に、店主の切なる願いを息子の嫁に託す。 嫁は、遺言と思い願いを聞き入れることにした、だが、この事で秘密を知ることになったのだ……。 この物語は、全てにおいてフィクションです。何卒、御了承下さい。
24hポイント 14pt
小説 13,428 位 / 63,832件 ファンタジー 3,223 位 / 19,977件
文字数 129,686 最終更新日 2020.01.21 登録日 2019.06.13
1