ストリートピアノ小説一覧

タグ ストリートピアノ×
2
1
恋愛 完結 短編 R15
仕事帰りにケガをしてしまった私、かざね。 病院で診てくれた医師は幼馴染みだった! 「こんなにかわいくなって・・・。」 10年ぶりに再会した私たち。 お互いに気持ちを伝えられないまま・・・想いだけが加速していく。 かざね「どうしよう・・・私、ちーちゃんが好きだ。」 幼馴染『千秋』。 通称『ちーちゃん』。 きびしい一面もあるけど、優しい『ちーちゃん』。 千秋「かざねの側に・・・俺はいたい。」 自分の気持ちに気がついたあと、距離を詰めてくるのはかざねの仕事仲間の『ユウト』。 ユウト「今・・特定の『誰か』がいないなら・・・俺と付き合ってください。」 かざねは悩む。 かざね(ちーちゃんに振り向いてもらえないなら・・・・・・私がユウトさんを愛しさえすれば・・・・・忘れられる・・?) ※お話の中に出てくる病気や、治療法、職業内容などは全て架空のものです。 想像の中だけでお楽しみください。 ※お話は全て想像の世界です。現実世界とはなんの関係もありません。 ※コメントや感想は受け付けることができません。メンタルが薄氷なもので・・すみません。 ただただ楽しんでいただけたら嬉しいです。 すずなり。
24hポイント 305pt
小説 3,412 位 / 85,494件 恋愛 1,546 位 / 22,851件
文字数 72,630 最終更新日 2020.06.28 登録日 2020.06.19
とある動画投稿サイトに投稿されていた、一本のピアノ演奏動画。 二人のピアニストが二台のピアノで、とあるゲームのBGMをピアノ用に編曲して演奏した様子を映した動画に、私は心の底から魅了された。 音に酔いしれ、演奏する手元を食い入るように見つめて、何度も再生して。 そうして私は、はるか遠い昔、子供の頃にピアノを習っていた過去を思い出す。 「もう一度弾いてみよう。少しでもあの人達の見た世界を見てみたい」 久方ぶりに本気でピアノを弾いてみよう、あの人達の弾いた曲を弾けるように頑張ろう。 鍵盤に向かい始めた私はある日、駅で「ある人」がストリートピアノを演奏する場面に出くわして―― ※カクヨム様、ノベルアップ+様、小説家になろう様にも投稿しています。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054918081146 https://novelup.plus/story/834957940 https://ncode.syosetu.com/n1996gl/
24hポイント 0pt
小説 85,494 位 / 85,494件 青春 3,694 位 / 3,694件
文字数 6,675 最終更新日 2020.08.17 登録日 2020.08.17
2