すっきり爽快エンド小説一覧

タグ すっきり爽快エンド×
8
1
恋愛 連載中 長編 R15
浮気ですか?どうぞご自由にして下さい。私はここを去りますので 結婚式の前日、政略結婚相手は言った。「お前に永遠の愛は誓わない。何故ならそこに愛など存在しないのだから。」そして迎えた驚くべき結婚式と驚愕の事実。いいでしょう、それほど不本意な結婚ならば離婚してあげましょう。その代わり・・後で後悔しても知りませんよ? ※「カクヨム」「小説家になろう」にも掲載中
24hポイント 4,452pt
小説 472 位 / 100,859件 恋愛 275 位 / 27,576件
文字数 93,705 最終更新日 2021.05.05 登録日 2021.04.08
 「フィアナ、お前に婚約破棄を告げてやる」  「お前は実の妹のエリアリナを虐めていただろう」 虐めてません。  「俺様は真実の愛に目覚めたんだ」  「お前の妹のエリアリナを愛しているんだ」  「お兄様、この国を護ってる聖女フィアナになんて無礼で恩知らずな事を言ってるんだ」  馬鹿王太子はゴブリンに気に入られゴブリン汁を飲ませてもらう毎日が待っていました。  ゴブリンって趣味が悪いわね。いえ、ゴブリンのかってなのだけれど。  感度1万倍の快楽にノルベルトは耐えられるんでしょうか。  「かんどぉ、2まんばいっっぃぃぃ」  よっぽどノルベルトが気に入ったのかゴブリンが出すゴブリン汁はノルベルトの感度を 2万倍にまで押し上げました。  ノルベルトがどうなろうとどうでもいいと思っていた私ですが ここまでされては健全な女子として興味がないわけがありません。  私もノルベルトを観戦に行きました。  「らめっもうらめぇなのぉ。いきすぎてもう出ないはずなのにまだでりゅのぉぉ」  ノルベルトはすっかり雌になっていました。  もう私はノルベルトを侮辱する気にはなりません。  最後までノルベルトの戦いを見届けようと思います。  戦えノルベルト。負けるなノルベルト。   私から婚約者を奪おうとした妹は蛇に丸のみにされて蛇の中から 「助けてお姉様。ごめんなさい。もうお姉様のものを欲しがらないから許して助けて」的な声が聴こえて来るけど 助けません。知りません。 今更謝ってももう遅い。 ------- 「俺の愛する妻フィアナが戻ってこない」 俺の愛する妻フィアナが戻ってこないけどきっと戻ってくると信じている。  俺は愛する聖女で妻のフィアナを愛しているし きっとフィアナも俺の事を愛している。 -------  私は明敏王子の称号を持つ第二王子ライモンドと愛し合い幸せです。  「俺の元に戻って来てくれると信じていた」  「当然でしょう。私は貴方を愛しているんだもの」  私とライモンドはハッピーエンド。  私から婚約者を奪おうとした妹はバッドエンド。 私に婚約破棄を告げたノルベルト? ノルベルトはなんだかもう人間の限界突破を目指してるので見守ります。
24hポイント 14pt
小説 22,031 位 / 100,859件 ファンタジー 4,112 位 / 27,201件
文字数 1,124 最終更新日 2020.12.30 登録日 2020.12.30
3
恋愛 連載中 短編 R18
 「お姉様、お姉様のブローチちょうだい」  妹はいつも私の物をなんでも欲しがり奪って行きます。  妹の欲しがる物をあげないと両親は私を木刀でぼこぼこにします。  お母様の突きは殺意を感じます。このままでは殺されてしまいます。 こいつら、殺さないといけない。  今までずっと私を虐げてきた妹の首は簡単に落とせましたが、 お父様とお母様に勝てるわけがありません。  「やっちゃえ叔父様」  助けに来てくれるはずのない叔父様に助けを求めます。 叔父様はお父様が殺したのですから。  「家族に虐げられるお前を救いに来た」  殺されたはずの叔父様が助けに来てくれました。  叔父様はお父様お母様を殺してくれました。  「今までお前を一人にしてすまなかった、アウリーネ」  「謝るなんてやめて叔父様、こうして殺されそうになった私を助けに来てくれたのだから」  「俺が馬鹿だった、この世の生き物は2つを除いてクズだ。生きてる価値がない。 家畜もクズだが生きてる価値がある。だが人間は不味いし、煩い。 家畜にも劣る価値だ」  「俺とお前以外に生きてる価値はない」  最強叔父様は私達以外の人間を全て殺し、私を孕ませ私達真の家族だけでの生活を望むようです。 私も望みます。 叔父様、愛しています。 叔父様の子を孕みたい。
24hポイント 14pt
小説 22,031 位 / 100,859件 恋愛 8,835 位 / 27,576件
文字数 2,036 最終更新日 2020.12.19 登録日 2020.11.29
 『無敵な凡人様』という小説の大ファンである美咲は、恋人に裏切られ、自殺した――…筈だった。  しかし、眼を覚ますと小説の世界に転生しちゃった⁈ しかも冤罪の濡れ衣で処刑されたモブ姫・クロエスに…。やだやだ! 処刑なんて酷過ぎるよ! って、如何やらこの体には怨念や想いが詰まっているらしく、自然と悪役の人が憎く感じてしまう。この子の過去を知ってるから、この子の為にも復讐をしちゃおうかな…。それに、自分事の様にいつの間にか、なってしまったんだよね。 「クロエスお姉様、大好きですわ」  あ、頭脳&演技派の悪役姫のコルアと再会しちゃったよ。あと、妹だったんだね。作者さん、設定が雑じゃないかい? もういいや、クロエスが一番憎んでいたのはコルアだと分かったし。レッツ、コルアに復讐。 「…クロエスお姉様、コルアお姉様…」  ちょっ、『不幸な美しき姫』と謳われるアイティーンにも会えたんですけど⁈ 確かこの姫はクロエスよりバットエンドだったよね。可愛がってあげよう。 「クロエスお姉様以外いらないです、もう、全部…」  ヤバい、ヤンデレなブラコンに成長してしまった。これでは復讐どころでは…いや、むしろチャンスじゃないか。 「君と結婚したいのだが、その前にやらねばならぬ用事が出来てしまったな」  え、近隣国の王子から求婚された…。あれ?王子、私の復讐に協力してくれんの?嬉しい、前世の推しキャラと色々する事が。  次々に出てくるキャラクター達と一緒に、美咲はコルアに復讐出来るのか…⁈
24hポイント 7pt
小説 25,846 位 / 100,859件 ファンタジー 5,261 位 / 27,201件
文字数 4,110 最終更新日 2021.04.23 登録日 2021.04.18
 「お姉様、お姉様のエショデ頂戴」  クソデブの妹は自分の分を食べてもまだ食べたいのか、私のエショデを欲しがります。 いつもこうです。  『お姉様、お姉様のウーブリ頂戴』  『お姉様、お姉様のゴーフル頂戴』  妹はいつも私のお菓子を奪います。  男爵令嬢としての仕事をしてくれればまだ許してあげる事もできるんですがね、 妹はまったく仕事をせずただ食べてオナニーして遊んでるだけです。  たった1人の妹なのだからと今まで我慢していたけれど、私の中の何かがぷつりと切れたので もう我慢するの辞めました。  叔父様に頼んで妹を死ぬ事もなく永遠の飢餓を味合わせてあげる事にしました。  叔父様は私に男爵としての仕事を押し付け遊んでるだけのお父様お母様を 裸足で永遠に砂利道を歩き続ける罰を与えてくれました。 死ぬ事も終わりも絶対にありえません。 叔父様大好きすぎー。  「マーレット、お前のような残虐な女とは婚約破棄だ」  はぁ?えっ。はぁ?  私より優しい少女はいないのに、残虐扱いされて婚約破棄されました。  「叔父様~」  叔父様は私が呼ぶと0、2秒で現れ婚約者を永遠針を飲み込む罰を与えてくれました。  叔父様愛してる~。  私を虐げる者がいなくなったので、ざまぁする相手がいなくなり悲しいです。  誰でもいいので私を虐げてる事にしてざまぁしてやりましょう。 さぁ叔父様、私達のざまぁはまだ始まったばかりよ。
24hポイント 0pt
小説 100,859 位 / 100,859件 ファンタジー 27,201 位 / 27,201件
文字数 2,488 最終更新日 2021.02.20 登録日 2020.11.29
 「エリザベル、お前とは婚約破棄だ」  慰謝料はきっちり3億カッパー貰いますよ。  「ふん、誰がお前なんかに3億カッパーも払うか。100万カッパー恵んでやるからそれを卑しく拾え乞食が」  馬鹿が、100万カッパーは慰謝料とは別にして今回の詫び料として頂くわ。 今更返してくれといってももう遅い。絶対返さない。 「聖女の資格も剥奪だ。お前は聖女にふさわしくない」  えっ。私が聖女の仕事辞めればルルポル王国は滅びますよ。  敵国の王太子に正当な評価を受け月給30倍で聖女やれることになって無駄な労働時間も減りいいことづくめです。 王太子には溺愛されるし、とにかく私は幸せです。  私がいなくなったルルポル王国は放っておいても滅ぶのでしょうが、敢えて滅ぼしにいきます。  そりゃあ夫の敵国ですからね。容赦なく滅ぼしますよ。  元婚約者のよしみで助けてくれ? 甘えるなクズが。元婚約者を殺し心残りもなくなりますます幸せな生活が始まります。 王太子妃聖女はサイコーです。このままてっぺん取りますか野郎ども。  私はこんな所では終わらない。大陸のてっぺん取れば、大陸超えててっぺん取れば 次は宇宙でてっぺん、異世界でてっぺん。 王族貴族というのはてっぺん目指さず呼吸ができない生き物なんです。 呼吸できずに死ぬぐらいなら呼吸をして死にましょう。
24hポイント 0pt
小説 100,859 位 / 100,859件 ファンタジー 27,201 位 / 27,201件
文字数 901 最終更新日 2020.11.23 登録日 2020.11.23
「コルネッサ、お前に婚約破棄を告げる」  はぁ?そんな事言われても困りますと言いたいが、言えません。  対等ではない関係だもの。  私に非は思い当たらないが、男爵令嬢と公爵令息の関係は、公爵令息が婚約破棄だと言えば 逆らう事もできず婚約破棄されるしかない。そういうものなのよ。  「私何か貴方の気に入らない事でもしたかしら」  「何もしてないさ」  何もしてないのに、何もしてないからこそ婚約破棄されました。  ベリザリオ公爵令息の婚約者になり落ち着いた私は、ベリザリオにはつまらない少女になったようです。  リンピオ子爵の首を取った事からベリザリオに面白そうな少女だと期待されたのですが、 リンピオ子爵と戦う事を決めたのは友達のブリエレナ公爵令嬢です。  婚約破棄された理由の1つは、ベリザリオに近づいたブリエレナはブリエレナに媚を売り、 私から婚約者の座を取ろうとしたからです。 ベリザリオはつまらない少女になった私よりはブリエレナを気に入り、妻にしました。  友達のブリエレナに復讐します。  何故友達の婚約者を奪うのでしょうか。  友達だからでしょう。  何故友達に復讐するのでしょう。  友達だからでしょう。  友達と認めあえる実力だからこそ、同じ地位を奪い合う関係になり、 憎み、殺そうとするのでしょう。  人類が存在する前から、恐竜でも悩み通って来た道です。 今更答えを求めなくてもとうに歴史が答えは出しているので、私達はどちらかが死ぬまで戦いを続けます。    
24hポイント 0pt
小説 100,859 位 / 100,859件 ファンタジー 27,201 位 / 27,201件
文字数 1,294 最終更新日 2020.11.15 登録日 2020.11.15
8
恋愛 完結 短編
これは伝説の魔導士、ドロシーの逸話の一つ「安易な婚約破棄はブタのもと」もしくは「豚に仕返しされれば蛙になる」と伝えられる話だ。 彼女がまだ単なる侯爵令嬢だった時、ペンドルトン王国の王太子、ストルアンから婚約破棄を申し伝えられた。 「ドロシー!お前がこのジーナをイジメていたことなどはもはや明らかだっ!」 「ここで『やった』の『やっていない』だの、『証拠を出せ』だの『その証拠はそちらの方の自作自演でわたくしが行ったことのではありませんのよ』だの、小説や演劇でよくある『悪役令嬢の婚約破棄』定番の流れをなぞってみても時間の無駄ですわね……。かしこまりました、ストルアン様。そこまでしてわたくしとの婚約を破棄したのであれば、そんな不確かな理由ではなく、ここで、大勢の皆様の前で、今からそちらの方を貶めさせていただきます。そうすればストルアン様に正当な婚約破棄の理由を作って差し上げることができますわ。それでよろしいですか?」 そうして、ドロシーは魔法を使い、ジーナの顔をブタに変えた。 *「小説家になろう」様にても投稿しております。
24hポイント 0pt
小説 100,859 位 / 100,859件 恋愛 27,576 位 / 27,576件
文字数 6,752 最終更新日 2020.11.10 登録日 2020.11.10
8