まーくん

まーくん

通勤電車の中でちまちまと書いています。 毎日更新する予定ですが、更新が遅れたらすいません。 よろしくお願いします。
5
榎木広志 15歳。 某中高一貫校に通う平凡な中学生。 趣味は可愛い物を愛でること。 それが高じて編み物にハマっている。 その趣味は同級生からは白い目で見られることが多いが、本人は全く気にしていない。 親友の健二だけが唯一の理解者かもしれない。 15歳の榎木広志は、入学説明会に訪れた高等部への渡り廊下の上で深い霧に包まれる。 霧が晴れると、そこには狐の神様がいて、広志に異世界に行くよう促す。 ラノベの主人公のようにチートな能力を貰って勇者になることを期待する広志だったが、「異世界で100年間生きることが目的」とだけ告げて、狐の神様は消えてしまった。 異世界に着くなり、悪党につかまりたった2日で死んでしまう広志に狐の神様は生きるためのヒントをくれるが.... 広志はこの世界で100年間生き抜くことが出来るのか。
24hポイント 7pt
小説 29,693 位 / 121,060件 ファンタジー 5,947 位 / 31,485件
文字数 256,337 最終更新日 2021.02.13 登録日 2020.09.27
加藤優(かとうまさる)は、建設会社の社員であったが、不慮の事故で死亡。 異世界の創造神マリスに抽選で選ばれ、異世界に転移する。 キンコー王国の行政改革を成功させたマサルは、大陸全土に平和と安定をもたらし、この世界の文明を発展させて行く。 婚活パーティー騒動や隕石衝突回避等を経て、リザベートと結婚したマサル。 やがて双子を授かるが、子供達もチートだった。…… 登場人物それぞれの目線でストーリー展開をしていますので、その人々を想像しながら読んで頂くとありがたいです。 アルファポリスは、読んでいただいているみなさんの評価が見えづらいので、モチベーションの維持が大変です。 気に入って頂けたら、 お気に入りに入れて頂くか、しおりを挟んで頂くだけでもありがたく思います。 頑張って書いていきますので、よろしくお願いします。
24hポイント 56pt
小説 13,159 位 / 121,060件 ファンタジー 2,706 位 / 31,485件
文字数 712,942 最終更新日 2021.01.30 登録日 2019.06.10
現代文学 連載中 ショートショート
さだまさしさんの同名曲をモチーフに1話完結で書いてみました。 800ポイントを越えたら別の曲で続編を考えます。 40年近くさだまさしさんのファンをしていますが、やっぱりさださんは良いですね。 モチーフにした主人公という曲もメロディーももちろん秀一なのですが、歌詞がまた奥深い。 最近は歌詞を聞いたらその情景がすぐに浮かぶような曲が多いですが、さださんの歌詞は直感的に分かるようでわからないのが多いです。(特に古い曲) でも表現力が足りないのかというとそうじゃない。 歳を重ねるごとに感じ方が変わって来るのは、それだけ誰もが通り過ぎる人生のあらゆる場面を想起させるのじゃないかと思うのです。 40年も聴いているのに毎回違う情景が浮かぶ歌ってすごいと思いませんか。 もしこの曲を知らない人は一度聴いてみて下さい。 わたしの想いが伝わると思います。
24hポイント 0pt
小説 121,060 位 / 121,060件 現代文学 6,113 位 / 6,113件
文字数 5,436 最終更新日 2021.01.29 登録日 2021.01.29
恋愛 完結 短編 R15
「最強魔法戦士は戦わない」本編の中に出てきた奴隷から救われた女性の物語です。 スピンオフ2作目となります。 本編では、戦争の犠牲者として奴隷となった元貴族令嬢が、キンコー王国の奴隷解放令で解放され、カトウ運輸で雇われた後、幸せになるまでが描かれています。 本編を読んで無くても分かるように書いていきます。 女性が読みやすいように過激な表現はあまり使わないようにしました。 もし面白いと思って頂けたら、本編「最強魔法戦士は戦わない加藤優はチートな能力をもらったけど、できるだけ穏便に過ごしたいんだあ~」もお読み下さい。 本編では第5章の8話に記されています。
24hポイント 0pt
小説 121,060 位 / 121,060件 恋愛 35,705 位 / 35,705件
文字数 35,016 最終更新日 2020.01.28 登録日 2020.01.08
恋愛 連載中 短編
「最強魔法戦士は戦わない」本編の中に出てきた少女の淡い恋物語です。 閑話で書こうかと思いましたが、違和感がありましたのでスピンオフとして書きます。 本編では、アーベ領の新米代官としてハーバラ村に派遣されて来たフック君が改革を学び、のちにアーベ領でそれを実現しながらアーベ領の発展に貢献する様子が描かれています。 この話は、アーベ領でフックの改革に献身的に付き従い、のちに奥方になるリンダの姿にフォーカスしたみました。 本編を読んで無くても分かるように書いていきます。 もし面白いと思って頂けたら、本編「最強魔法戦士は戦わない加藤優はチートな能力をもらったけど、できるだけ穏便に過ごしたいんだあ~」もお読み下さい。 本編では第3章の7話に記されています。
24hポイント 0pt
小説 121,060 位 / 121,060件 恋愛 35,705 位 / 35,705件
文字数 12,732 最終更新日 2019.12.26 登録日 2019.12.25
5