柊彼方

柊彼方

高2 第14回ファンタジー小説大賞【大賞】受賞 「追放された【助言士】のギルド経営」書籍化
7
「エル、悪いが君にはここで死んでもらう」 【勇者】の称号を持つ少年、エルは魔王を討伐するため、勇者パーティーと共に冒険をしていた。 しかし、仲間である【賢者】に裏切られ、囮として捨てられてしまう。 追手の魔族たちに囲まれ、何もかも諦めたエルだったが、そんな彼の前に突如、美少女が現れる。 それは仲間達でも人間でもない……【魔王】だった。 何故か魔王に拾われたエルは魔界で魔王に養われることに。 そこでエルは魔族の温かみを知り、魔界で暮らしたいと思うようになる。 そして彼は決意した。魔族と人間が笑い合える世界を作ることを。 エルを捨てた勇者パーティーは全てが空回り。エルを捨てたことで生んだ亀裂は徐々に広がっていく。 人間界は勇者に戻ってもらおうと躍起になるが、エルが戻るわけもなく…… これは、ヒモとなった勇者が魔界ライフを満喫するために、魔王と世界を救う、そんな物語。
24hポイント 184pt
小説 7,550 位 / 140,781件 ファンタジー 1,614 位 / 34,282件
文字数 63,215 最終更新日 2022.05.06 登録日 2022.04.27
*『第14回ファンタジー小説大賞【大賞】受賞作』 旧題:追放された【助言士】のギルド経営~鑑定を駆使し、不遇な素質持ちに一つを極めさせたら、いつの間にか化け物だらけの最強ギルドになってました~ 「お前はもう用済みだ。ギルドから去れ」 不遇スキルである『鑑定』を持つ【助言士】ロイドは優秀な人材を見つけるために、最強ギルドと呼ばれる『太陽の化身』でボロ雑巾のように扱われていた。 そして、一通り勧誘を終えるとギルドマスターであるカイロスから用済みだと、追放されてしまう。 唐突な追放に打ちひしがれてしまうロイドだったが、エリスと名乗る女性に自分たちでギルドを作らないかと提案された。 エリスはなんと昔、ロイドが一言だけ助言をした底辺鍛冶師だったのだ。 彼女はロイドのアドバイスを三年間ひたすら守り続け、初級魔法を上級魔法並みに鍛え上げていた。 更にはあり得るはずもない無詠唱、魔法改変等を身につけていたのだ。 そんな事実に驚愕したロイドは、エリスとギルドを作ることを決意する。 そして、それなら不遇な素質持ちを集めよう。自分たちと同じ環境である人を誘おうというルールを設けた。 ロイドは不遇な素質を持つ人たちをギルドに加入させ、ただ一つのことを極めさせ始めた。一般レベルで戦えるようにするために。 だが、これが逆に最強への近道になってしまう。 そして、ロイドが抜けた太陽の化身では徐々に腐敗が始まり、衰退し始めていた。 新たな人材、策略。どんな手を使ってでもロイドたちを蹴落とそうとするが、すべて空回り。 これは、ロイドによって不遇な素質を極めた仲間たちが、ロイドとともに最強のギルドを作っていくような、そんな物語。
24hポイント 2,243pt
小説 775 位 / 140,781件 ファンタジー 221 位 / 34,282件
文字数 418,711 最終更新日 2022.04.29 登録日 2021.08.22
「アリア。お前はクビだ」 教育者として上位ギルド『白金の刃』で働いていたアリアはギルド長であるクラウスに不要だと追放されてしまう。 自分の無力さを嘆いていたアリアだが、彼女は求人募集の貼り紙を見て底辺ギルドで教育者として働くことになった。 しかし、クラウスは知らなかった。アリアの天才的な教育にただ自分の隊員がついていけなかったということを。 実はアリアは最強冒険者の称号『至極の三剣』の三人を育てた天才であったのだ。 アリアが抜けた白金の刃ではアリアがいるからと関係を保っていたお偉いさんたちからの信頼を失い、一気に衰退していく。 そんなこと気にしないアリアはお偉いさんたちからの助力を得て、どんどんギルドを再建していくのだった。 これは英雄の血を引く英傑な教育者が異次元な教育法で最弱ギルドを最強ギルドへと再建する、そんな物語。
24hポイント 163pt
小説 8,198 位 / 140,781件 ファンタジー 1,704 位 / 34,282件
文字数 132,921 最終更新日 2022.03.01 登録日 2021.12.05
「申し訳ございませんエリス様。婚約を破棄させていただきたく」 エルメス王国の第一王女である私、エリスは公爵令息であるマルクと婚約していた。 マルクは賢明で武術においても秀でおり、更には容姿も抜群に整っていた。要約すると最高の婚約者であるということだ。 しかし、そんなエリスの将来設計を一瞬でぶち壊す者がいた。 「ねぇ~マルク~私と姉さんどっちが好き~?」 「…………もちろんミーナ様です」 私の妹、第二王女のミーナだ。 ミーナは私の婚約者を奪ったのである。 エリスは第一王女としての価値を失い、父から第一王女の地位を剥奪されてしまう。 全てを失ったエリスは王宮から追放された挙句に平民になってしまった。 そんなエリスは王宮から出て一人頭を抱えてしまう。 そこでエリスは一つのことを思いだした。幼い頃に母親から読み聞かせてもらっていた冒険者の物語だ。 エリスはそのため、冒険者になることを決心した。 そこで仲間を見つけ、愛情を知っていくエリスなのだが、 ダンジョンである事件が発生し、エリスはダンジョン内で死んでしまった……ということになった。 これは婚約破棄をされ、更には妹に取られてしまうという不幸な第一王女が、冒険業でをしていたところ、魔王に溺愛され、魔界の女王になってしまうような物語。
24hポイント 305pt
小説 4,801 位 / 140,781件 ファンタジー 994 位 / 34,282件
文字数 65,871 最終更新日 2021.09.12 登録日 2021.08.31
「レイ…………今日でお前はクビだ」 「え……………」  ある日、勇者であるにもかかわらず、力不足という理由で俺は勇者パーティーから追放されてしまう。  しかし、俺もそこまで勇者という肩書に興味がなかったのでそこまでショックではなかった。 「おっしゃああああぁぁぁ!」  しかし、そう簡単にうまくいくはずがなく………… 「な、なんでお前がモテてんだよぉ!」  勇者パーティーを抜けた理由の一つである恋愛禁止がなんとなくなっており、元勇者の俺ではなく現勇者のカルマがモテまくっていたのだ。  そう。隠れ主人公にざまぁされたのだ。 「もう…………いいか…………」  勇者とかいう重い肩書きがなくなった俺は辺境でのんびり暮らすことにした。  しかし、そこは辺境ではなく………… 「「「魔王様! お帰りなさいませ!」」」  これは、勇者パーティーにいたため抑えられていた俺の力が追放されたことによって爆発してしまい、辺境や学園で呑気に暮らすような物語。  え? 呑気? いいえ。本当は配下たちも山ほど増え、一国の王になります。  本当のことを言うなら、これは元勇者が魔王になってもう一度主人公に返り咲くような物語。 *6月16日 ホトラン54位! 6月18日 ホトラン18位!
24hポイント 78pt
小説 12,908 位 / 140,781件 ファンタジー 2,334 位 / 34,282件
文字数 110,776 最終更新日 2021.08.13 登録日 2021.06.11
 公爵令嬢×幼馴染×第1王子×S級冒険者 「誠に申し訳ございません。貴女と婚約を交わすことは出来ません」 「わ、わ、分かったわ」  ラグランド王国の公爵令嬢。エリス・アルローゼは十六歳になっても誰とも婚約を果たせていなかった。ましてや十回以上も婚約を断られるというとんでもない記録までたたき出してしまったのだ。  普通なら令嬢たちは十五歳になるまでには殿方たちと婚約している。公爵令嬢にもなる私が婚約できていないとなると恥でしかないのだ。  それに加えて………… 「またエリス様はフラれちゃったんですか? 昔から相変わらずですね」   毎度毎度のこと幼馴染の侯爵令息のキール・アルバートが私を煽りに煽ってくる。  こうしてストレスを溜めに溜めまくった私は何かストレス解消法がないか模索していた。  そこで見つけたのが………… 「死ねやおらああああああああああぁぁぁぁぁ!」  そう。ダンジョン攻略である。  こっそりダンジョンに一人で潜ってボスモンスターに八つ当たりをするのだ。  堅苦しい言葉遣いや、行動をしなくて済むため、私はとてもストレスを解消できていた。  しかし、それもつかの間………… 「エリス様。俺とお付き合いしていただけないでしょうか」 「……………………はにゃ?」  なんとダンジョン内で出くわしたこの国の英雄であるS級冒険者に目をつけられ………… 「君があの公爵家のエリスか…………」 「だ、第一王子!? わ、私に何用でしょうか?」  振られまくったことが噂になったのか第一王子にまで目をつけられ………… 「僕はエリス様のことが昔から好きだったんだ」  更には幼馴染を巻き込む修羅場に持ち込んでしまう。  これは一人の公爵令嬢が紡ぐ、振られに振られまくった公爵令嬢の末路である。 *この作品は作者の書きたい願望を詰め込みまくった作品です。  ざまぁにチートに逆ハーレム…………etc
24hポイント 42pt
小説 17,698 位 / 140,781件 ファンタジー 3,069 位 / 34,282件
文字数 90,119 最終更新日 2021.08.12 登録日 2021.07.03
「一族から出ていけ!」「お前は忌み子だ! 俺たちの子じゃない!」  テイマーのエリート一族に生まれた俺は一族の中で最弱だった。  この一族は十二歳になると獣と契約を交わさないといけない。  誰にも期待されていなかった俺は自分で獣を見つけて契約を交わすことに成功した。  しかし、一族のみんなに見せるとそれは『獣』ではなく『魔物』だった。  その瞬間俺は全ての関係を失い、一族、そして村から追放され、野原に捨てられてしまう。  だが、急な展開過ぎて追いつけなくなった俺は最初は夢だと思って行動することに。 「やっと来たか勇者! …………ん、子供?」 「貴方がマオウさんですね! これからお世話になります!」  これは魔物、魔族、そして魔王と一緒に暮らし、いずれ世界最強のテイマー、冒険者として名をとどろかせる俺の物語 2月28日HOTランキング9位! 3月1日HOTランキング6位! 本当にありがとうございます!
24hポイント 220pt
小説 6,595 位 / 140,781件 ファンタジー 1,413 位 / 34,282件
文字数 250,835 最終更新日 2021.05.28 登録日 2021.02.21
7