かみゅ

かみゅ

夜な夜な小説書いてます。
11
 シンデレラは魔女の力を借り、ねずみの馬、かぼちゃの馬車、美しいドレス、ガラスの靴を手に入れて舞踏会に参加し、王子に見初められて幸せになりました。  しかし、ここで疑問が残ります。  魔女はタダでシンデレラに力を貸したのでしょうか?  シンデレラは舞踏会に参加したかっただけなのでしょうか?  王子がシンデレラを見初めたのはたまたまだったのでしょうか?  真実は違います。  魔女には打算があり、シンデレラには目的があり、王子には狙いがありました。  そして運命は契約に基づいて回ります。  悪魔と契約した者の行く末を、どうかお楽しみください。
24hポイント 256pt
小説 3,246 位 / 57,724件 ファンタジー 998 位 / 18,897件
文字数 555,766 最終更新日 2019.10.22 登録日 2019.06.01
 ずぼっ!  俺は突然、引っこ抜かれた。  何しやがるっ!!!ぶち殺すぞっ!!!!!  そう叫んだ俺の近くに倒れたのは魔女の格好をした少女。  どうも俺はマンドラゴラという魔法植物に転生したらしい。  引き抜くときの叫び声を聞くと発狂したり死んだりするという言い伝えがある植物だ。  俺もかつては中学二年生の少年少女がアレな感じになる病を患っていた身。  異世界転生は望むところだ。  けど植物は無いだろう植物は!!!  チート能力でハーレムはどうした!?  そう文句を言いたいところだけど転生させてくれた女神も見当たらない。  仕方ないので倒れていた魔女っ娘についていくことにする。  おっぱいに挟まれたり、おっぱいに座ったり、おっぱいを洗ったり。  そんなことをしながら俺は新たな日常を過ごしていく。
24hポイント 14pt
小説 15,118 位 / 57,724件 ファンタジー 3,914 位 / 18,897件
文字数 130,163 最終更新日 2019.08.14 登録日 2019.06.01
 私が子供の頃に暮らしていた場所は田舎だった。  古き良き昭和の空気が漂う場所。  そう言えば聞こえはよいが実態は違う。  過疎が進む田舎だった。  そこには四人の子供達がいた。  安藤アオイ。  学校で唯一の男の子で、少しワガママ。   安藤アンズ。  アオイの双子の妹で、甘えっ子。  加藤カエデ。  気が強くて、おませな女の子。  佐藤サクラ。  好奇心が旺盛だけど、臆病な女の子。  どこにでもいる子供達だが、田舎に暮らしているおかげで純粋で無邪気だった。  必然的にそうなる環境だったし、それが許される環境でもあった。  そんなどこにでもある田舎の思い出話を、少し語ろうと思う。
24hポイント 0pt
小説 57,724 位 / 57,724件 ライト文芸 2,354 位 / 2,354件
文字数 76,155 最終更新日 2019.08.05 登録日 2019.07.01
 ゴブリン。  オーガ。  オーク。  エルフ。  ドワーフ。  ファンタジーの住人達。  もし、彼らを創り出すことができるとしたら、どの種族がよいだろうか。  強さを求める者。  美しさを求める者。  様々だろう。  しかし、世界の役に立つという観点で考えた場合、答えは明確だ。  オークである。 「だから、創ってみた」 「なにしてくれちゃってんの、このアホーーーッ!!!」  教授と助手による、特に異世界に転移も転生もしない冒険が、今!始まる!
24hポイント 14pt
小説 15,118 位 / 57,724件 ファンタジー 3,914 位 / 18,897件
文字数 125,331 最終更新日 2019.08.03 登録日 2019.06.01
 妹と兄は小さい頃から一緒でした。  妹と兄は小さい頃から仲良しでした。  妹と兄は小さい頃から愛し合っていました。  妹と兄は小さい頃から将来を誓い合っていました。  年頃になった子供達に両親が言います。 「二人とも中学生なんだから、一緒にお風呂に入ったり、一緒にベッドで寝たりするのは、そろそろ止めなさい」  年頃になった兄が妹に言います。 「僕達が結婚できないのは、僕達の血が繋がっているからだよ」  でも妹は諦めませんでした。 「じゃあ、血の繋がりを無くしてしまえばいいんだね」  これは妹が兄と結婚するために頑張る純愛の物語です。
24hポイント 170pt
小説 4,237 位 / 57,724件 ライト文芸 83 位 / 2,354件
文字数 60,106 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.06.01
 魔女っ子に憧れる小さな女の子がいました。  彼女はずっと魔女っ子になるために頑張ります。  けれど、彼女はいつしか現実を知ってしまいます。  自分が魔女っ子になれないと知ってしまいます。  でも、希望はありました。  男の子なら魔法使いになることができるのです。  彼女は自分の夢を幼馴染に託します。  彼を魔法使いにするために頑張ります。  彼を魔法使いにするためなら手段を選びません。 「ソラの童貞は私が護る! 三十歳になるまで!」  彼を魔法使いにするための彼女の戦いが今始まる!
24hポイント 7pt
小説 17,712 位 / 57,724件 大衆娯楽 506 位 / 1,853件
文字数 168,135 最終更新日 2019.03.15 登録日 2019.01.01
 わたしの中にはノイズがある。  たとえば、両親と朝の挨拶を交わすとき、こう聴こえる。 「お■■さん、おかあさん、おはよう」 「おはよう、■■■」 「■■■、おはよう」  でも、日常生活で支障が出ることはほとんど無い。  ノイズとの付き合い方は慣れている。  そんなわたしは、今日から高校に通う。  これは欠落を抱えた少女の、ごくごく平穏で、でもちょっとだけ不思議な物語。
24hポイント 0pt
小説 57,724 位 / 57,724件 ライト文芸 2,354 位 / 2,354件
文字数 79,098 最終更新日 2019.02.22 登録日 2018.12.22
春に、彼と彼女は出会った。 夏に、彼と彼女は生き抜いた。 秋に、彼と彼女は語り合った。 冬に、彼と彼女は眠りについた。 これは、美味しくて切なくて優しい、ちいさな恋物語。 読めば、毎日三回、ありがとうを言いたくなります。
24hポイント 21pt
小説 12,974 位 / 57,724件 キャラ文芸 199 位 / 1,367件
文字数 114,708 最終更新日 2019.01.02 登録日 2018.11.24
 美しい母だった。  常に鏡を見て、自分の美しさを保っていた。  優しい父だった。  自分の子供に対してだけでなく、どの子供に対しても優しかった。  私は王女だった。  美しい母と優しい父を両親に持つ、この国のお姫様だった。  私は白雪姫と呼ばれた。  白い雪のような美しさを褒めた呼び名か、白い雪のように何も知らない無知を貶した呼び名か、どちらかは知らない。  でも私は、林檎を食べた直後に、口から溢れ出す血の理由を知っていた。  白雪姫は誰に愛され誰を愛したのか?  その答えが出たとき、彼女は処女雪を鮮血に染める。
24hポイント 28pt
小説 11,218 位 / 57,724件 ライト文芸 276 位 / 2,354件
文字数 81,704 最終更新日 2018.11.04 登録日 2018.11.03
大衆娯楽 完結 ショートショート R18
棒状のモノを穴にねじ込んだり、棒状のモノの皮をむいたり、棒状のモノをこすったり、色々します。 あなたは、どのシチュエーションがお好み?
24hポイント 7pt
小説 17,712 位 / 57,724件 大衆娯楽 506 位 / 1,853件
文字数 20,791 最終更新日 2018.11.04 登録日 2018.10.28
ライト文芸 完結 ショートショート
 喫茶店には様々な人が訪れます。  違うのは年齢や性別や性格だけではありません。  価値観も違います。  価値観が違うから考え方も違います。  コーヒーを飲んでいる短い間に話している内容からもそのことが判ります。  自然と聞こえてくる会話は興味深いものです。  今日も喫茶店にお客様が訪れます。 「いらっしゃいませ」 「オススメはなんですか?」 「そうですねぇ」  喫茶店でオススメを聞いてくる人はあまりいません。  今日も興味深い会話を聞くことができそうです。
24hポイント 0pt
小説 57,724 位 / 57,724件 ライト文芸 2,354 位 / 2,354件
文字数 18,994 最終更新日 2018.10.08 登録日 2018.09.23
11