3
SF 完結 長編
薄い人間関係を続けている渡会空。彼は本当の自分を出したことはなくいつも周囲が期待するいい子を演じていた。空には雲英という幼馴染がいるが空は雲英とも薄い人間関係を続けていた。ある日空はユウと言うテロリストの少年と出会い危機を脱した。翌ドーム。ここは何もかもが茜博士によって管理された完璧な世界。そこに空という薄い日雲英と展望タワーに行くとユウがおりそして、爆音が街からが上がり、空はユウを追いかけ成り行きでユウと行動をしけドームの外。ウィルデネスに出た。ウィルデネスはドームとは切り離された社会で空には考えつかない世界だった。更に空はドームではテロリストの一員と報道されており帰ることが出来なかった。そして遂に空は我慢の限界に達しユウと大喧嘩をしてしまい空はハルキの下へ行きユウが空の食料等を手に入れる為苦労していることを知る。翌日ユウの元に戻るとユウは破傷風を起こし倒れていた。空はハルキと薬草を手に入れる為培養施設に行き途中合成獣にも襲われたが何とか薬草を手に入れユウを治す。それから空はウィルデネスの人々に慣れて行き二年の歳月が流れた。或る日ドームの首総が病死しドーム都市の全権は茜博士に委ねられた。そして、雲英を実験の成功作として挙げた。空はドームへ戻ることを決意しユウは茜博士暗殺を決行することにした。決行の五日前の夜。空はハルキからユウが茜博士の孫だということもだとを知り困惑する。決行当日空達はドームに潜入したが警備兵に見つかり追い掛け回されたり伯父伯母の裏切りに会い空とユウ牢獄は投獄されその時にドームに不信感を持っていたジャーナリストで雲英の父、橘英一郎がいた。橘は二人にドームの真実を言う。空達は結託し牢獄を脱出し茜博士のいる最上階へと向かったがそこにはもの言わぬ雲英がおり空達に襲い掛かったが父親の声に気づき自我を取り戻すが遺伝子をいじくられていたため絶命し空は自分は雲英のことを愛していたのだと知り涙を流す。その直後橘は娘の雲英の後を追って自殺してしまう。空は冷静さを失い自分を見失いそうになるがユウの叱咤で自分を取り戻し最奥の部屋へ行く。そして。最奥の部屋へ行くと研究により姿だけ若返った茜博士がいた。そして茜博士は真実を話す。ユウは茜博士の実の弟で両親から虐待を受けていた。見かねた茜が両親を殺し精神を病んでしまったユウをコールドスリープさせた。しかし。眠りから覚めたユウは記憶を失っていた。そして不穏分子の空の両親が偽の記憶を植え付けた。茜博士を殺す為に「人は不完全だ。だから間違いを犯す」しかし、空は完璧な人間なんていない」と言い茜博士は涙を流し自分は間違ったことをしていたと良い、ユウと一騎打ちの末安らかに目を閉じる。そして、ドーム都市の真実を言いドーム型都市は瓦解する。そしてユウは本当の名を言う。そして半年後。人々は徐々に自分の足で地を歩き始めた。
24hポイント 0pt
小説 53,440 位 / 53,440件 SF 1,800 位 / 1,800件
文字数 63,578 最終更新日 2018.06.18 登録日 2018.06.18
唯とハーランド。二人はホーネットと言うマフィアに復讐する復讐者(ディラッヘ)。二人は大切なものをホーネットによって奪われた。唯は人間としての時間。ハーランドは妹を。二人は互いを利用し復讐を成し遂げようとする。  そんなある日、唯とハーランドが潜伏している学園に唯が実験動物として収容されていた施設で知り合ったアーノルドと再会する。再会を喜ぶ二人だがハーランドは気をつけろという。  直後、クラスメイトのマーテルとその恋人の不審死。謎の教師サラ。この三人が絡み合ってくる。唯とアーノルドがハロゥインに近くなった街を散策していると死んだと思われるマーテルを見る。マーテルが実は生きており記憶操作をされて唯達を殺そうとする。一方、アーノルドは今の自分は唯が実験場で出会ったアーノルドのクローンであることを告げる。唯は激高に駆られたが ハーランドに今まで過ごした時間は偽物じゃないと諭され思案する。そしてすぐに任務を言い渡される任務地で対峙した唯とアーノルドは一騎打ちになるがアーノルドが空砲だった為唯が勝利する。そして、対峙したとき目の前にいるアーノルドは実験場で出会ったアーノルドじゃなくても過ごした時間は本物だと言いアーノルドを許す。同時刻、正体を現したサラ。サラはスカーレットと言う名で組織の人間だった。スカーレットはマーテルをけしかけたがハーランドの策略でマーテルを商機に戻し任務地から脱出し廃教会で新年を迎えた。  そして、二人はホーネットへの復讐を新たにし復讐する道を選ぶ。
24hポイント 0pt
小説 53,440 位 / 53,440件 ライト文芸 2,285 位 / 2,285件
文字数 47,443 最終更新日 2018.02.01 登録日 2018.02.01
 赤井青春。彼女は十二歳の頃いじめを受けていて何度助けを求めても助けてくれない両親を殺し保護観察処分の身となった。そして、四年の歳月が流れ、青春は宮崎の叔母に引き取られ高校に行っているがそこでも過去の事でいじめられていた。そして、いつも通り水を掛けられそうになった時瀬戸内海に助けられた。海は行動及び言動が変わっており病気の為一年留年しており青春同様学校で浮いていた。海は何故か青春になつき友達になりたいと言ってくるが青春は断る。ある日青春は叔母に家に入れてもらえず海の家に泊まることになる。そこで、海は自分の父親の心臓を移植して生き長らえてることを知る。海は自分も人殺しだと言った。  ある日、青春のクラスに元親友で幼馴染の橘香が転校して来た。  香は昔青春を裏切ったことを詫び、もう一度友達になりたいと言った。それと同時に海の事が好きになり香は海に告白するが振られてしまう。  その後、少し経ってから元々あった青春へのいじめが益々酷くなる。酷くさせた犯人は実は香で四年前のいじめの犯人も香だった。理由は自分の好きな相手は皆青春が好きという嫉妬からだった。香は屋上から飛び降りようとするが出来ず泣き崩れてしまう。 そして、香はその翌日転校したが青春と海は仲違いを起こしてしまう。  ある日、海が連続で学校を無断欠席をしプリントを届ける途中喫茶店に入ると海が女性と話していた。女性は海の母親で一度は捨てたが今引き取りたい言って来た。海の心は揺らいでいたが青春の必死の説得で海は母親と決別する。  そして、二人は潮風に当たり互いの気持ちを伝えた。
24hポイント 28pt
小説 10,977 位 / 53,440件 ライト文芸 314 位 / 2,285件
文字数 50,699 最終更新日 2017.11.02 登録日 2017.11.02
3