すかいふぁーむ

すかいふぁーむ

なろうメインで活動しています
7
「聞こえなかったかね? 君はクビだと言ったのだよ、ユキアくん」 宮廷テイマーとして国に仕えていたユキアは、ある日突然解雇を宣告される。 さらに国家を欺き続けた濡れ衣まで着せられ国外追放処分、暗殺者に追われる事態になってしまう。 「私は代々受け継がれてきた使い魔たちのテイムを行っております。私が任を解かれれば、竜や魔獣は抑えが効かず飛び出すでしょうし、馬なども言うことを聞かなくなるかと」 「でたらめを言うな!」 説得虚しく国を追い出されるユキアは家族とともに北の未開拓領域を目指した。 「ちょっと不便かもしれないけど、色々テイムして整備していけば未開拓の森も過ごしやすくなると思うから」 「わかってますよ。兄さんならそのくらいやることは」 母と妹、従者のロビンさんとともに新天地を目指して走り出す。 そこでユキアは様々な生物をテイムして使い魔の楽園を築き上げていく。 一方ユキアを追い出した貴族たちは、ユキアの宣言どおり言うことを効かなくなった宮廷の生物たちに大損害を与えられ大目玉を食らうことになる……。 これは国を陰ながら支えていたテイマー一族が自由を得たことで世界を巻き込んでいく事態に発展する物語。
24hポイント 33,193pt
小説 78 位 / 85,355件 ファンタジー 18 位 / 24,603件
文字数 30,056 最終更新日 2020.10.30 登録日 2020.10.12
「また死んだのか……? 俺は……」 15歳、冒険者予備校をでてすぐ三人の仲間とパーティーを組み、 18歳、パーティーをかばい死んでしまう主人公、レイン。 そんなことを繰り返してきた7回目。 「わかんねえやつだなあ? もうお前はいらねえって言ってんだよ」 「そもそもさ、田舎の貧乏貴族のあんたが私らと釣り合うわけないでしょうに……」 「いつまでも勘違いが続く哀れな男だな」 今まで信じていたパーティーの絆などなかったことを初めて知った。 8周目の人生こそ生き延びるためにパーティー脱退を試みるレインのもとに、 『鑑定眼』を持つ王女、シーンが近づく。 「私があんたを勝たせてあげる」 7周かけて貯めてきた莫大な経験値と、『鑑定眼』による的確な助言により、 レインはあっという間に過去7回の人生では到達し得ない強さを手にしていき、 これまでと全く違う人生を歩んでいくことになる。 これは7度もパーティーに嵌められた不遇の冒険者が、 最強のパートナーとともにあるべき人生の道筋に戻るための物語。
24hポイント 575pt
小説 1,877 位 / 85,355件 ファンタジー 500 位 / 24,603件
文字数 57,857 最終更新日 2020.10.21 登録日 2020.08.21
短編です ◇ 「聞こえなかったかね? 君はクビだと言ったのだよ、ユキアくん」 宮廷テイマーとして国に仕えていたユキアは、ある日突然解雇を宣告される。 さらに国家を欺き続けた濡れ衣まで着せられ国外追放処分、暗殺者に追われる事態になってしまう。 「私は代々受け継がれてきた使い魔たちのテイムを行っております。私が任を解かれれば、竜や魔獣は抑えが効かず飛び出すでしょうし、馬なども言うことを聞かなくなるかと」 「でたらめを言うな!」 説得虚しく国を追い出されるユキアは家族とともに北の未開拓領域を目指した。 「ちょっと不便かもしれないけど、色々テイムして整備していけば未開拓の森も過ごしやすくなると思うから」 「わかってますよ。兄さんならそのくらいやることは」 母と妹、従者のロビンさんとともに新天地を目指して走り出す。 そこでユキアは様々な生物をテイムして使い魔の楽園を築き上げていく。 一方ユキアを追い出した貴族たちは、ユキアの宣言どおり言うことを効かなくなった宮廷の生物たちに大損害を与えられ大目玉を食らうことになる……。 これは国を陰ながら支えていたテイマー一族が自由を得たことで世界を巻き込んでいく事態に発展する物語。
24hポイント 248pt
小説 3,690 位 / 85,355件 ファンタジー 947 位 / 24,603件
文字数 8,317 最終更新日 2020.10.12 登録日 2020.10.12
恋愛 連載中 ショートショート
「わかっているんだろう? 君だってもう、『聖女』なんてものが国民に必要とされてないことは」 ゲスな笑みを浮かべて迫るグロイス王国の次期国王候補筆頭、ロイド王太子殿下。 聖女の『祈り』が形骸化したものと信じ切るロイドは私の忠告など耳をかさず身体に迫った。
24hポイント 49pt
小説 9,122 位 / 85,355件 恋愛 4,052 位 / 22,792件
文字数 3,206 最終更新日 2020.06.07 登録日 2020.06.03
恋愛 連載中 短編
「我が国にもはや聖女など不要。どこへなりとも行くが良い」  突然の宣告だった。  国民の不満が高まっていることは知っていた。  聖女は国王、教皇に次ぐ大きな権力を持った肩書だった。  実態の見えない『聖女』の肩書に不要な税が流れているという不満、そこにつけ込み、王家の人気取りのために私は捨てられた。 「私のこれまでの時間って……」  10歳の時、適職診断で聖女認定されて依頼自由もなく何年も閉じ込めてきたくせに、今更追い出されるなんて……。  最悪の王国を追放された聖女が、愛され幸せになっていく物語。
24hポイント 156pt
小説 5,014 位 / 85,355件 恋愛 2,193 位 / 22,792件
文字数 2,878 最終更新日 2020.06.04 登録日 2020.06.03
〜実はループは知識だけじゃなく経験値も引き継がれていたので7周分のざまぁと無双を!〜 あらすじ 「また死んだのか……? 俺は……」 15歳、冒険者予備校をでてすぐ三人の仲間とパーティーを組み、 18歳、パーティーをかばい死んでしまう主人公、レイン。 そんなことを繰り返してきた7回目。 今まで信じていたパーティーの絆などなかったことを初めて知った。 8周目の人生こそ生き延びるためにパーティー脱退を試みるレインのもとに、 『鑑定眼』を持つ王女、シーンが近づく。 「私があんたを勝たせてあげる」 7周かけて貯めてきた莫大な経験値と、『鑑定眼』による的確な助言により、 レインはこれまでと全く違う人生を歩んでいくことになる。 これは7度もパーティーに嵌められた不遇の冒険者が、 あるべき人生の道筋に戻っていく、そのはじまりの物語。
24hポイント 35pt
小説 11,038 位 / 85,355件 ファンタジー 2,376 位 / 24,603件
文字数 15,529 最終更新日 2020.05.11 登録日 2020.05.11
リディア皇国第三皇子の俺の婚約相手シルリアは、あろうことか皇位継承戦の最中に俺を裏切り第一皇子のガイレンのもとに寝返る。 平民の出でありながら、父ナニアの商売における比類なき才覚を武器に皇子の婚約者にまで成り上がった小娘はどうやら俺では欲望を満たせなかったらしい。 シルリアの陰謀に巻き込まれた俺は皇位継承戦からの脱落だけでは済まず、命を奪われた。 次の瞬間、なぜか俺はマルデラ公爵令嬢、リリベルと向き合っていた。 「ハイン様、私を、信じてください」 前世、皇太子ガイレンの婚約者として、悪役令嬢として名を馳せた彼女から告げられた言葉を胸に、俺は二度目の生を得る。 これはループする世界で悪役令嬢、リリベルが初めて幸せになるためのピースが揃える、その一つ前の世界の出来事。
24hポイント 134pt
小説 5,401 位 / 85,355件 恋愛 2,369 位 / 22,792件
文字数 3,815 最終更新日 2020.05.05 登録日 2020.05.05
7