かぐや

かぐや

かぐやと申します。 色々忙しいので、作品の更新は不定期になることが多々あります。 早く更新出来るよう頑張りますので、楽しみにお待ちいただけたら嬉しく思います。 最近描きたい物語が多すぎるのが悩み…
5
 この世界には魔法が存在する。  そして生まれ持つ適性がある属性しか使えない。  その属性は主に6つ。  火・水・風・土・雷・そして……無。    クーリアは伯爵令嬢として生まれた。  貴族は生まれながらに魔力、そして属性の適性が多いとされている。  そんな中で、クーリアは無属性の適性しかなかった。    無属性しか扱えない者は『白』と呼ばれる。  その呼び名は貴族にとって屈辱でしかない。      だからクーリアは出来損ないと呼ばれた。    そして彼女はその通りの出来損ない……ではなかった。    これは彼女の本気を引き出したい彼女の周りの人達と、絶対に本気を出したくない彼女との攻防を描いた物語。   ちょっと書き方が三人称だったり一人称だったりと安定しないかもしれませんが、そういうものだと納得してくださいm(_ _)m ※←このマークがある話は一人称。
24hポイント 1,236pt
小説 1,021 位 / 74,454件 ファンタジー 267 位 / 21,780件
文字数 76,056 最終更新日 2020.06.05 登録日 2020.03.06
ある日、転校した学校で自己紹介を行い、席に着こうとしたら突如光に飲まれ目を閉じた。 そして目を開けるとそこは白いような灰色のような空間で…土下座した人らしき物がいて…? どうやら神様が定員を間違えたせいで元の世界に戻れず、かと言って転移先にもそのままではいけないらしく……? 帰れないのなら、こっちで自由に生きてやる! 地球では容姿で色々あって虐められてたけど、こっちなら虐められることもない!…はず! え?他の召喚組?……まぁ大丈夫でしょ! そんなこんなで少女?は健気に自由に異世界を生きる! ほのぼの書いていきますので、2日に1度ほどの更新になると思います。長い目で見ていただけると嬉しいです。 小説家になろう様でも投稿しています
24hポイント 1,683pt
小説 823 位 / 74,454件 ファンタジー 224 位 / 21,780件
文字数 194,171 最終更新日 2020.06.05 登録日 2019.12.06
ファンタジー 連載中 長編 R15
大学生として普通の生活を送っていた望水 静香はある日、信号無視したトラックに轢かれてそうになっていた女性を助けたことで死んでしまった。が、なんか助けた人は神だったらしく、異世界転生することに。 そして、転生したら...「女には荷が重い」という父親の一言で死んだことにされました。なので、自由に生きさせてください...なのに職業が女神の使徒?!そんなの聞いてないよ?! しっかりしているように見えてたまにミスをする女神から面倒なことを度々押し付けられ、それを与えられた力でなんとか解決していくけど、次から次に問題が起きたり、なにか不穏な動きがあったり...? ローブ男たちの目的とは?そして、その黒幕とは一体...? 初めてなので、色々アドバイス、指摘等ありましたら、よろしくお願いします。 不定期なので、楽しみにお待ち頂ければ嬉しいです。 拙い文章なので、誤字脱字がありましたらすいません。報告して頂ければその都度訂正させていただきます。 小説家になろう様でも公開しております。
24hポイント 1,725pt
小説 808 位 / 74,454件 ファンタジー 220 位 / 21,780件
文字数 337,009 最終更新日 2020.06.04 登録日 2019.12.01
ある時、ある国で1人の女の子が産まれた。 彼女は他の誰かを守るため、救うために力を求めた。 そして彼女は努力を重ね、賢者と呼ばれるまでになった。 だが、その地位は彼女にとって望むものではなかった。 貴族からの無理難題、挙句逃がさないように軟禁までされた。 彼女は嫌気がさしていた。私利私欲を肥やす貴族のために私は力を求めたのではないと。 そして彼女は表舞台から姿を消した。 これは彼女の失踪から5年後の、あるギルドで働くちょっと天然、お人好しな受付嬢の物語。 あるいは、自分が一体何者なのかを探す、1人の吸血鬼の物語。 ※しばらくお休みします。すいません……。
24hポイント 71pt
小説 7,624 位 / 74,454件 ファンタジー 1,753 位 / 21,780件
文字数 43,289 最終更新日 2020.05.11 登録日 2020.01.10
ファンタジー 完結 ショートショート R15
ここは魔法が日常として存在する世界。 そんな世界にある、メーベル王国の公爵家に1人の女の子が生まれた。その女の子はとてつもなく強い魔力を持ち合わせていた。    ──そう。私です。    私は家族からも恐れられ、いつしか『化け物』と呼ばれるようになりました。    ならば、化け物は化け物らしく消えることにしましょう。
24hポイント 49pt
小説 9,234 位 / 74,454件 ファンタジー 2,061 位 / 21,780件
文字数 2,239 最終更新日 2020.04.21 登録日 2020.04.21
5