夏菜しの

夏菜しの

なろうから移転しました
9
恋愛 連載中 長編 R15
 幼馴染のルーカスの態度は、年頃になっても相変わらず気安い。  彼のその変わらぬ態度のお陰で、周りから男女の仲だと勘違いされて、公爵令嬢エーデルトラウトの相手はなかなか決まらない。  そんな現状をヤキモキしているというのに、ルーカスの方は素知らぬ顔。  彼は思いのままに平民の娘と恋人関係を持っていた。  いっそそのまま結婚してくれれば、噂は間違いだったと知れるのに、あちらもやっぱり公爵家で、平民との結婚など許さんと反対されていた。  のらりくらりと躱すがもう限界。  いよいよ親が煩くなってきたころ、ルーカスがやってきて『偽装結婚しないか?』と提案された。  彼の愛人を黙認する代わりに、贅沢と自由が得られる。  これで煩く言われないとすると、悪くない提案じゃない?  エーデルトラウトは軽い気持ちでその提案に乗った。
24hポイント 2,450pt
小説 596 位 / 79,461件 恋愛 296 位 / 21,085件
文字数 43,835 最終更新日 2020.08.04 登録日 2020.06.04
恋愛 連載中 長編 R15
 死んだ、綺麗に死んだ。  病床の中、待ちに待ったゲームの続編をクリアしてすべてのエンディングをを見た。もう思い残すことは無い、きっとこれが満足死と言う奴だろう。  ところが私は、何の因果かやっていたゲームに転生した。ただし私はヒロインではなくて婚約者を奪われた貴族令嬢の一人だった。  おまけに私が転生したのはゲームのエンディングの真っ最中、それも真エンディングの『逆ハーエンド』ルートだ。私の婚約者は、私がここに来た時にはとっくに取られていたらしい。  エンディングが流れればゲームはここでお終い。  だけど私の新しい人生は終わらないわ。そしてゲームが終われば逆ハーエンドなんてただの股がけ、ヒロインったら不誠実の塊じゃない?  のらりくらりと躱し、一向に煮え切らないヒロイン。  そんなの当たり前よね。だって王太子を含む名だたるメンバーですもの、下手に選ぶ方が火種になるに決まってるわ。  そんな煮え切らないヒロインの心を射止めるために、自らの元婚約者を含んだ逆ハー集団はお互いをけん制し合う醜い姿がチラホラと見え始めた。  周りは呆れ果て、彼らの発言力はどんどんと失われていく。  困り果てた彼らの親がついに相談しに来て…… 『まずはお小遣いカットから始めてみてはいかがでしょう?』
24hポイント 1,647pt
小説 818 位 / 79,461件 恋愛 423 位 / 21,085件
文字数 87,536 最終更新日 2020.08.03 登録日 2020.05.11
 異世界に召喚された四人の勇者。最後の四人目に召喚された佳純は、他の勇者と違い、過去に前例のない職業についていた。  前例がない佳純に、適切な指導が出来ず彼女は次第に落ちこぼれていく。  役立たずと密やかに嗤われる日々。  そんな中、国は数ある古い書物の中に、『勇者が倒れた時、魔力が復活し新たな勇者を召喚することが出来た』と言う一文を発見する。  一度は邪な考えが頭をよぎるが耐えた。しかし佳純が他の勇者と口論となった時、ついに国は彼女を殺し、新たな勇者を呼ぶことを決断する。  どうでもよい仕事を与えて佳純を国から出すと、頃合いを見計らい護衛していた冒険者に襲わせた。  これで新たな勇者が召喚できる!  しかし佳純は寸前の所で森に棲む白銀の美女に助けられて命を拾う。そして帰る場所を失った佳純に、白銀の美女は好きなだけ居ていいと告げた。  佳純はその日から森の奥で他の勇者が魔王を倒すのを待つことに決めた。
24hポイント 21pt
小説 13,719 位 / 79,461件 ファンタジー 2,927 位 / 22,851件
文字数 211,130 最終更新日 2020.05.28 登録日 2019.11.28
恋愛 完結 長編 R15
 長い戦争を終わらせた英雄は、新たな爵位と領地そして金銭に家畜と様々な褒賞品を手に入れた。  しかしその褒賞品の一つ。〝妻〟の存在が英雄を悩ませる。  巨漢で強面、戦ばかりで女性の扱いは分からない。元来口下手で気の利いた話も出来そうにない。いくら国王陛下の命令とは言え、そんな自分に嫁いでくるのは酷だろう。  互いの体裁を取り繕うために一年。 「この離縁届を預けておく、一年後ならば自由にしてくれて構わない」  これが英雄の考えた譲歩だった。  しかし英雄は知らなかった。  選ばれたはずの妻が唯一希少な好みの持ち主で、彼女は選ばれたのではなく自ら志願して妻になったことを……  別れたい英雄と、別れたくない褒賞品のお話です。
24hポイント 71pt
小説 7,699 位 / 79,461件 恋愛 3,279 位 / 21,085件
文字数 171,947 最終更新日 2020.05.08 登録日 2019.12.24
恋愛 完結 長編 R15
 十七歳の時、生涯初めての恋をした。  燃え上がるような想いに胸を焦がされ、彼だけを見つめて、彼だけを追った。  しかし意中の相手は、別の女を選びわたしに振り向く事は無かった。  あれから六回目の夜会シーズンが始まろうとしている。  気になる男性も居ないまま、気づけば、崖っぷち。  コンコン。  今日もお父様がお見合い写真を手にやってくる。  さてと、どうしようかしら? ※姉妹作品の『攻略対象ですがルートに入ってきませんでした』の別の話になります。
24hポイント 92pt
小説 6,720 位 / 79,461件 恋愛 2,842 位 / 21,085件
文字数 36,092 最終更新日 2020.02.12 登録日 2020.01.04
恋愛 完結 長編 R15
貴族が通う学園の食堂、私はそこで婚約破棄されました。 その瞬間に、これはゲームのイベントだと気づいたのです。 攻略対象である私は、ここでプレイヤーに慰められ…… って? あれ、プレイヤーが居ないんですが…… 分かりました。 攻略ルートに入ってこないのであれば、私は自由にさせて貰いましょう! ※12/23終了
24hポイント 63pt
小説 8,100 位 / 79,461件 恋愛 3,455 位 / 21,085件
文字数 82,262 最終更新日 2019.12.23 登録日 2019.11.01
恋愛 完結 長編 R15
 大病を患った父の治療費がかさみ膨れ上がる借金。  いよいよ返す見込みが無くなった頃。父より爵位と領地を返還すれば借金は国が肩代わりしてくれると聞かされる。  クリスタは病床の父に代わり爵位を返還する為に一人で王都へ向かった。  王宮の中で会ったのは見た目は良いけど傍若無人な大貴族シリル。  彼は令嬢の過激なアプローチに困っていると言い、クリスタに婚約者のフリをしてくれるように依頼してきた。  それを条件に父の医療費に加えて、借金を肩代わりしてくれると言われてクリスタはその契約を承諾する。  赤貧令嬢クリスタと大貴族シリルのお話です。
24hポイント 113pt
小説 5,929 位 / 79,461件 恋愛 2,530 位 / 21,085件
文字数 140,821 最終更新日 2019.11.27 登録日 2018.11.26
恋愛 完結 長編 R15
 ライヘンベルガー王国の第三王女レティーツィアは、成人する十六歳の誕生日と共に、隣国イスターツ帝国へ和平条約の品として贈られた。  祖国に聞こえてくるイスターツ帝国の噂は、〝山猿〟と言った悪いモノばかり。それでもレティーツィアは自らに課せられた役目だからと山を越えて隣国へ向かった。  嫁いできたレティーツィアを見た皇帝にして夫のヘクトールは、子供に興味は無いと一蹴する。これはライヘンベルガー王国とイスターツ帝国の成人とみなす年の違いの問題だから、レティーツィアにはどうすることも出来ない。  子供だと言われてヘクトールに相手にされないレティーツィアは、妻の責務を果たしていないと言われて次第に冷遇されていく。  一方、レティーツィアには祖国から、将来的に帝国を傀儡とする策が授けられていた。そのためには皇帝ヘクトールの子を産む必要があるのだが……  それが出来たらこんな待遇になってないわ! と彼女は憤慨する。  帝国で居場所をなくし、祖国にも帰ることも出来ない。  行き場を失ったレティーツィアの孤独な戦いが静かに始まる。 ※恋愛成分は低め、内容はややダークです
24hポイント 14pt
小説 15,867 位 / 79,461件 恋愛 6,331 位 / 21,085件
文字数 133,542 最終更新日 2019.07.26 登録日 2019.04.09
恋愛 完結 長編 R15
 戦の功績で騎士爵を賜ったオレーシャは辺境を警備する職に就いていた。  東方で三年、南方で二年。新たに赴任した南方で不覚を取り、怪我をしたオレーシャは騎士団を退役することに決めた。  彼女は騎士団を退役し暮らしていた兵舎を出ることになる。  新たな家を探してみるが幼い頃から兵士として暮らしてきた彼女にはそう言った常識が無く、家を見つけることなく退去期間を向かえてしまう。  事情を知った団長フェリックスは彼女を仮の宿として自らの家に招いた。  何も知らないオレーシャはそこで過ごすうちに、色々な事を知っていく。  ※オレーシャとフェリックスのお話です。
24hポイント 21pt
小説 13,719 位 / 79,461件 恋愛 5,515 位 / 21,085件
文字数 47,973 最終更新日 2019.04.15 登録日 2019.03.14
9